忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■ 変なカタカナ語撲滅運動

OED evangelist の(竹)です。上記連載を休んだ代わりに本コーナーに
投稿させていただきます。「変なカタカナ語」という趣旨からは少々外
れるかもしれませんが、最近、「ほぉ~」と感心したことをご紹介しま
しょう。それは朝の通勤電車でのこと。いつものようにギュウギュウ詰
めの車中で目の前に立った中年オヤジの薄くなった後頭部(バーコード
状)をぼんやりと眺めながら言いようもない空しさと憤りに駆られ、ふ
と視線を移すと、某英会話スクールの中吊広告が飛び込んできました。

それは、陶芸か何かのスクールで一人の日本人の若者がネイティブたち
に混じって楽しげに談笑しているワンシーンの写真広告。その背景には
「identity」という英単語がキーワードとして入っています。通常、「自
我同一性」「存在証明」といったお堅い訳語が付けられる西洋的な概念
ですが、ここでは咀嚼され、こう訳されていました。

   identity:自分に誇りを持てる生き方

これはなかなか言い得て妙な翻訳だなあと感心しました。コピーライタ
ーの語学センスの良さが光ります。今日、「アイデンティティ」はその
ままカタカナ語で通用しますが、無理のない日本語に置き換えてみるこ
とで改めてその意味を実感できるような気がしませんか。

というわけで、青木さん。辞書マニア垂涎、ウワサの「特製バールーペ」
ひとつくださいっ!

                              (竹)


☆変なカタカナ語に関する投稿お待ちしております。
 採用させて頂いた方には、特製バールーペを差し上げます。
 tran@nichigai.co.jp まで宜しくお願い致します。
PR
■ 変なカタカナ語撲滅運動

カタカナ語が憎いわけではありません。何もかも日本語にしろ、といい
たいわけでもありません。ここでは、日本語でいってもらえたらもっと
わかり易いのに、何故、カタカナ語でいうの?という言葉を取り上げて
いきたいと思います。

【投稿】
「ウィン-ウィンの関係」という表現をときどき目にします。英語
「win-win」のカタカナ表記ですが軽薄な印象を受けます。日本経済新
  聞の2月22日朝刊に掲載された在日中国大使・王毅氏の論考「日中の
  FTA 推進を」の中では「ウィンウィン(共栄)」と書かれていました。
  一つの見識だと思います。                (Lupa)
                                               

「ウィン-ウィンの関係」という言葉、日本語として見た感じも、耳に
した感じも良くないですね。

皆様からの投稿お待ちしております。
採用させて頂いた方には特製バールーペ差し上げます。
  tran@nichigai.co.jp まで宜しくお願いいたします。
■ (不人気コーナー)カタカナ語適訳講座

こんにちは、突発的に始めましたが来場者数ゼロ。う~ん、と唸りなが
らも、「男の子は一度始めたことを簡単にやめない」のであります。
自分のことを「男の子」というのは非常に図々しいのでありますが…。

第2回目は、涙の自作自演“コンプライアンス”でございます。

この言葉、うんのさんの辞書を引くと、
「(命令などに)応じること, 応諾, (法規などに)従うこと, 適合, 準拠,
遵守, 順守」と出てまいります。割に分かり易い和訳が流通しておりま
す。なのに、なぜに、あえて、ややこしい「コンプライアンス」などと
いうカタカナ語を世の中では使うのでありましょうか?

社長さんが「法令遵守の意識が不十分でした」というのと、「コンプラ
イアンスの意識が・・・」というのとでは、法令遵守といった方が重み
があります。従って、「コンプライアンス」などと使った時は、うやむ
やにしようとしているとうがった見方をしましょう。

ということで、今回は(能力もないので)オーソドックスに

〈カタカナ語〉→〈適訳〉
コンプライアンス → 法令遵守・倫理指針遵守 とします。


★身近にある、へんてこなカタカナ語に適訳をつけてご投稿下さい。
   宛先は tran@nichigai.co.jp カタカナ語適訳講座係です。
   宜しくおねがいいたします。

                              (青)
■ (新コーナー)カタカナ語適訳講座

こんにちは、突発的に始まりました新コーナーです。
カタカナ語の氾濫に異を唱えつつ、遊んでしまおうと思います。
皆様からの秀逸なご投稿をお待ちしております。

第1回目は忌まわしい“犯罪、嫌がらせ”に関しての適訳です。

〈カタカナ語〉→〈適訳〉
 スキミング→「盗み読み」
 ピッキング→「鍵遁術」
 セクハラ →「性的嫌がらせ」
 パワハラ →「笠に着る」
                  (東京都 みどりお姉さん)

「上司がパワハラでさぁ~」というと愚痴っぽいですが、
「あの野郎、笠に着やがって」というと、不正な圧力に立ち向かって
いく感じがします。

★ 身近にある、へんてこなカタカナ語に適訳をつけてご投稿下さい。
   宛先は tran@nichigai.co.jp カタカナ語適訳講座係です。
   宜しくおねがいいたします。

                             (青)
■ 辞書SHOP売れ筋ランキング 発表

今年も電子辞書SHOPをご愛顧くださいまして、誠にありがとうございま
した。
さて、多くの皆様に注目を浴びた商品は何だったのでしょうか。
2004年下期の売れ筋ランキングを発表いたします~。

 1位 新和英大辞典 第5版 CD-ROM(研究社)
 2位 CD-ビジネス技術 実用英語大辞典 第4版(日外アソシエーツ)
 3位 CD-180万語対訳大辞典(日外アソシエーツ)
 4位 CD-ROM 世界大百科辞 典第2版 & マイペディア(日立S&S)
 5位 TRADOS 6.5.5 Freelance (TRADOS)
 6位 CD-専門用語対訳集 機械・工学17万語(日外アソシエーツ) 
  7位 CD-ROM版 ジーニアス英和大辞典(大修館)
 8位 コウビルド英英辞典 改訂第4版 CD-ROM リソースパック版
                 (HarperCollins Publishers Ltd.)
 9位 CD-専門用語対訳集 ビジネス・法律16万語(日外アソシエーツ)
10位 マグローヒル科学技術用語大辞典 改訂3版(日刊工業新聞社) 

前版より25年ぶりの改訂となった「新和英大辞典」に人気が集中しまし
た。海外のお客様からのご注文が多かったです。小社Web siteを海外か
らもご覧いただいているかと思うと感謝感激です。小社製品には新製品
がありませんでしたが、4タイトルがランクイン。頑張っています!
歳末セールでさらにご好評をいただいております。来年も、きめ細かな
サービスを心掛け、日本国内、海外ともに手際よく商品をお届けいたし
ます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

                              (いしき)
■ 緊急レポート――翻訳権ビジネスの内幕

◆ 新たな試み―TranNet

TranNetブックレビュー
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「当社ではエージェントのように、海外の出版社などから書籍の紹介を
受けつけています。で、一方でTranNetは翻訳者オーディションの会社
ですから、この売り込みがあった書籍のブックレビュー用の概要を書い
てみませんか、という募集を会員にかけます。そしてもっとも出来の良
い『レジュメ』を採用し、TranNetブックレビューというメールマガジ
ンに載せ、出版社―編集者に配信しています」(高野社長)。

*ブックレビューの概要
 仮タイトル・著者名・出版社名・原書ページ数・分野に加え、書籍の
 内容を500~600字程度で表現したもの。
 サンプル⇒http://www.nichigai.co.jp/translator/column/resume.html

「TranNetブックレビュー」は誰もが読めるメールマガジンではない。出
版社―編集者に読者を限定したメルマガである。同誌にはハッキリとこ
う書かれている。「翻訳出版権獲得交渉に関しては、先着順とさせてい
ただきます」。つまり、これは翻訳権ビジネスの見本誌なのである。従っ
て、そこでは当然のことながら、出版社の食指が動くような「レジュメ」
を書くことが求められる。
「『レジュメ』を書くことは翻訳者にとって非常にいい表現力の勉強に
なるはずです。1冊の本を読み、その本の情報を日本語で過不足なく伝
え、しかも商品価値が高まるような『レジュメ』を書かなければならな
いわけですから」(高野社長)ということなのである。
では通常、エージェントから紹介される場合は、この様な「レジュメ」
が付いてくるのであろうか?
「『レジュメ』が付いてくることなんて、そんなことはまずないですね。
原書が1冊送られてきて、エージェントの担当者が口でどんな本か紹介
してくれるぐらいじゃないでしょうか」(近谷次長)。
つまり通常は編集者自らが、「レジュメ」を書くケースが多いのだそうだ。
それを聞くと、「ブックレビューは編集者に喜ばれていましてね」(高
野社長)。という言葉も素直に肯けるのである。

リーディング
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「ブックレビューの概要」を書いただけでは、TranNet会員は原稿料をも
らえない。「レジュメ」を書くことはあくまでもトライアルの一環なの
である。
「出版社から照会のあったタイトルは、今度はA4で8枚から10枚程度の
『リーディングレジュメ』というものを作ります。発注は『ブックレビ
ューの概要』を採用した会員にします。もちろん『リーディング』には
原稿料をお支払いしますよ」(近谷次長)。
ここでようやく会員はプロとして原稿料をもらえるのである。
しかし、「リーディングレジュメ」を書いたからといって、翻訳まで任
されるわけではない。
翻訳者デビューはまだ先の話なのである。

*リーディングレジュメ
 サンプル⇒http://www.nichigai.co.jp/translator/column/reading_ex.html

海外版元―翻訳者―国内出版社の環(わ)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
最近、TranNetが手がけた本に「疲れすぎて無性にチョコレートが食べた
くなるあなたへ」(中経出版、\1,300、原題:Just Hand Over the
CHOCOLATE and No One Will Get HURT)というタイトルの本がある。
この少々長い「疲れすぎて・・・」というタイトルは、「ブックレビュ
ーの概要」を書いた会員がつけた仮のタイトルだったそうだ。
ある日「ブックレビュー」にこの本の「レジュメ」が掲載された。それ
を見た版元(中経出版)の女性編集者は一目でこのタイトルが気に入り、
商品化を社内に諮った。そして商品検討に携わった者みなが、この企画
に対して「ピンときた」そうである。
中経出版という出版社は、海外のこの手の書籍を翻訳出版することに長
けているわけではない。しかし、それでも編集者が本にしたいと思い、
編集会議で承認が得られたのである。このプロセスはコネが頼りのやり
方に比べ、透明度が高いといえるのではないだろうか。
TranNetに加入したからといって、翻訳者としての実力がなければ、当然
のことながら出版翻訳の仕事など期待することは出来ない。しかし、実
力のある翻訳者であれば、TranNetの仕組みを使うことによって、いつ読
んでくれるか分からない「企画書」を編集者に送り続ける、といった作
業を続けなくても良いかもしれない。
TranNetは、海外版元―翻訳者―国内出版社の環を分かりやすい形にし、
翻訳権ビジネスの透明度を高めようとしているのである。

                              (青)


『緊急レポート――翻訳権ビジネスの内幕』は、
No.54 で紹介しました、
「翻訳権ビジネスの流れ」
「気に入った作品を自分で翻訳し出版することは可能か?」を含め、
こちら↓で全文を紹介致しております。

 http://www.nichigai.co.jp/translator/column/inside-trans.html
■ 緊急レポート――翻訳権ビジネスの内幕

◆翻訳権ビジネスの流れ

一般的な流れ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
翻訳権を専門的に扱う代理店業者がいる。主なところでいうと、タトル
モリエージェンシー、日本ユニエージェンシー、イングリッシュエージ
ェンシーといった会社がある。
海外の出版社が、あるタイトルの翻訳権を日本に売り込もうと思った場
合、タトルモリなどのエージェントに話を持ち込むのが一般的である。
エージェントはこうして売り込まれたタイトルを、買ってくれそうな出
版社に紹介し、契約にいたるまでの様々な交渉、書類手続きなどを代行
するのである。エージェントの収入は、印税など日本の出版社が支払う
額の10%といわれている。つまり、\2,000の書籍の印税が10%(\200)だ
とすると、エージェントに支払われるのは、そのさらに10%(\20)なので
ある。
海外の書籍が日本で翻訳出版されるルートとして、いわば幹線ともいえる
大きな流れは、こうしたエージェント経由のものである。

別の流れ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
S・キングの新作や、クリントン前大統領の自伝といった、メジャーな企
画に関しては、主要エージェントがオークション形式、またはビット方
式で翻訳権をセリにかけることが多い。こうなると、資金的に有利な大
手出版社による寡占状態が起こりやすい。中小出版社にとっては、翻訳
権が欲しくとも手が出ないという事態が生じるのである。
しかし、この様な状況を打ち破ろうと、エージェントからの紹介を「待
つ」のではなく、自ら翻訳権を「買い」に出る、果敢な中小出版社も存
在する。
翻訳権ビジネスはエージェントへの依存度が高く、経験とコネが必要条
件といわれている。だが最近では、こういった中小出版社自らが掘り起
こした翻訳物にもヒット作が出始めてきているという。
「エージェントが扱う点数が割合的に大きいとはいえ、世界中の出版物
の数から見ればそれはごく小さな数でしかありません。気概があれば、
チャンスはいくらでも広がっている、といえるのです」(TranNet 近谷
次長)。
因習にとらわれがちな出版界ではあるが、新たな流れは確実に生まれ始
めているのである。

◆気に入った作品を自分で翻訳し出版することは可能か?

自分が気に入った作品を、いつかは自分の手で翻訳し出版したいと思っ
ている翻訳者が多いという。しかしそれを実現するためには、いくつか
の高いハードルが待ち構えている。
「答えを最初にいってしまうようで申し訳ないのですが、出版翻訳の経
験、コネのない翻訳者の方が、全て自分の手で行おうとするのは無理が
あるのではないでしょうか」(TranNet 高野社長)という状況だ。
しかしその半面、「出版社サイドはエージェントのタグ付きでない翻訳
者からの持込企画を歓迎している」(高野社長)ことも事実で、チャン
スがないわけではない。
では、何が難しく、その対策はないのか。そのあたりをレポートしたい。

翻訳権の確認
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「この本を翻訳したい!」。夢の実現に向けまず確認したいのが、既に
どこかの出版社にその本の翻訳権が握られていないかということである。
しかしこの確認作業は実はかなり難しい。
「出版物を翻訳した実績がある方ですと、付き合いのある編集者やエー
ジェントに照会してもらうという手があります。しかし、そういうコネ
のない方の場合、この版権を調査することは難しい、というよりも調べ
るのは不可能に近いでしょうね」(近谷次長)。
つまり、誰もが閲覧できる形での「翻訳権データベース」などというも
のは、日本には存在しないのである。
従ってこの段階では見切り発車を余儀なくさせられるとお考え頂きたい。

企画書を作り、売り込む
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出版物を翻訳した経験はない、ましてや編集者に知り合いなどいない、
という状況で翻訳→出版までもっていく手はないのだろうか?
「出版企画書を自ら作成し、出版社―編集者に送るという方法がありま
す。但し出版企画書はただ書けばいいというものではありません。問わ
れるのは、自分が翻訳したい本の特性をよく理解し、食指を動かしそう
な出版社はどこかを知る〈調査力〉。読者は誰で、どの様なプロモーシ
ョンが有効かを考える〈企画力〉。そしてそういった要素を、企画書上
で的確に伝える〈日本語能力〉を持ち合わせているかということです。
編集者はただでさえ忙しく、持ち込み企画に目を通すケースは極めて少
ないのです。ですから、編集者が企画書を読む、その数少ないチャンス
をものにする力が必要となるのです」(近谷次長)。

最後には翻訳者としての能力が問われる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
さて、めでたくも、持ち込んだ企画が認められ、ずっとお気に入りだっ
た作品の日本での翻訳出版が決まったとしよう。しかし、だからといっ
てこの企画を立てた翻訳者に、翻訳の依頼が届くとは限らない。
「そのあたり編集者はシビアです。『翻訳者はオーディションで決めた
い』といわれ、企画を持ち込んでくれた方が落ちた、ということがあり
ました」(近谷次長)。

〈つづく。次回は・・・〉

●新たな試み―TranNet
◆TranNetブックレビュー
◆リーディング
◆海外版元―翻訳者―国内出版社の環(わ)


                              (青)
◆◆◆◆◆◆◆◆電子辞書SHOPスタッフからのご挨拶◆◆◆◆◆◆◆◆
~~~~~~~~~今年も大変お世話になりました~~~~~~~~~

通販だからこそ大切にしたい人の温もり
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
最近、自宅で2度オンライン通販を利用しました。
1つはペット用品で、お店は個人商店、もう1つはパソコンで、有名大
手メーカー。
どちらもショッピングカートで注文でき、注文を送信すると、いかにも
自動返信しましたという感じの受注確認メールが届きました(もちろん、
請求金額も自動計算され、間違いはありません)。それから数日後、無
事商品も届きました。

でも、私にはなんだかすっきりしない気持ちが残りました。
もちろん、商品は間違いなく届いたのだから文句はないのですが、注文
から納品まで全く人間味を感じる場面がなく、「私の注文は本当に届い
たのかしら? 本当に配達されるのかしら?」と疑心暗鬼になりそうで
した。受注確認メールも、機械が返信していると思うと、アナログな私
には信用できないのです。

TranRadar電子辞書SHOPは、今どき紙に注文を書いて郵送かFaxしなけれ
ばならない(*)、という前時代的な通販ですが、その分親切・迅速な対
応を心がけています(もっとも、請求金額の計算間違いというあるまじ
きミスを犯すこともありますが)。
時にお客様から感謝の言葉をいただくこともあり、逆に大変ありがたく
思っております。

待望のショッピングカートが実現するのはちょっと先のようですが、
来年もどうぞよろしくご愛顧のほどお願い申し上げます。

*お支払いがクレジットでなければ、メールでのご注文も承ります

                             (み)


皆様のご愛顧に感謝
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
電子辞書SHOPの受注担当を引き継いで半年が経ちました。
皆様の暖かいご支援のおかげで、無事年越しができそうです。
ということで(?) 月並みですが、2003年下半期の売れ筋ランキングを
発表いたします。

>>> 電子辞書SHOP売れ筋ランキング <<<

  1位 CD-世界大百科事典 第2版 ライブラリリンク対応2(日立S&S)
  2位 CD-ビジネス技術実用英語大辞典 第4版(日外アソシエーツ)
  3位 TRADOS 6 & TRADOS 6.5 Freelance(トラドス・ジャパン)
  4位 CD-180万語対訳大辞典(日外アソシエーツ)
  5位 CD-字通(平凡社)
  6位 セイコーSR-T6800(SII)
  7位 CD-専門用語対訳集 機械・工学17万語(日外アソシエーツ)
  8位 CD-専門用語対訳集 ビジネス・法律16万語(日外アソシエーツ)
  9位 CD-リーダーズ+プラスV2(研究社)
10位 CD-専門用語対訳集 建築・土木10万語(日外アソシエーツ)

平凡社の「世界大百科事典」は、ダントツの1位。CDだから場所を
とらない、\16,200 というお手ごろ価格に人気があるのでしょう。
小社製品の健闘もうれしい限りです。ご愛顧賜りまして、ありがとう
ございます。来年もこだわりの品揃えで、皆様のご来店(アクセス)を
お待ちしております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

                            (いしき)
■ Coffee Break -- 英詩で味わうみすゞの世界 (3) 不思議

前回、以下の D. P. ダッチャー氏による、金子みすゞ(1903-1930)の英訳
詩をご紹介したところ、読者の方から興味深いご意見をいただきました。

It's Weird              不思議

 It's weird how             私は不思議でたまらない、
 Shiny silver raindrops fall      黒い雲からふる雨が、
  from black clouds.          銀にひかっていることが。

 It's weird how             私は不思議でたまらない、
 Silkworms turn white          青い桑の葉たべている、
  when they eat green mulberry leaves. 蚕が白くなることが。

 It's weird how             私は不思議でたまらない、
 Moonflowers open at dusk        たれもいじらぬ夕顔が、
  without a poke from anyone      ひとりでぱらりと開くのが。

 It's weird how             私は不思議でたまらない、
 People I ask laugh and sky,      誰にきいても笑ってて、
  "Nothing strange in that."      あたりまえだ、ということが。

             『金子みすゞ童謡集 Something Nice』より


ここでの「不思議」に対して「weird」という negative な意味合いの
英語を当てるのはおかしいのではないか、というご指摘です。

当初、気にも留めませんでしたが、改めて「weird」を辞書で引いてみる
と、確かに negative な語感のようです。OED には次のようにあります。

【weird】
1. Having the power to control the fate or destiny of human beings,
etc.; later, claiming the supernatural power of dealing with fate
or destiny.
Originally in the Weird Sisters = (a) the Fates; (b) the witches
in Macbeth.

2. Partaking of or suggestive of the supernatural; of a mysterious
or unearthly character; unaccountably or uncomfortably strange;
uncanny.

最初にシェークスピアの『マクベス』の「the Weird Sisters」(気味の
悪い三人の魔女) が例示されています。『ジーニアス英和大辞典』による
と、「weird」は eerie, uncanny, unearthly よりはプラスのイメージの
語だそうですが、「奇妙な」「風変わりな」といった negative な意味合
いは強いようです。


一方、みすゞの感じた「不思議」とは、アメリカの海洋学者レイチェル・
カーソン (Rachel L. Carson 1907-1964) の唱えた「Sence of wonder」
に他ならないと思われます。2003年2月、スペースシャトル・コロンビア
号の事故の後、ブッシュ大統領が追悼演説の中で引用したことでも有名
なフレーズですね。

"The seven brave men and women from the Columbia will be remembered
for their achievements, their heroism and their sense of wonder."

それは、美しいもの、未知なるもの、神秘的なものに目を見はり、面白がる
感性です。そうしてそれはそのまま、「神を感じる心」に繋がります。


One Bee, One God      蜂と神さま

 Bee's inside the flower,   蜂はお花のなかに、
 Flower's inside the garden, お花はお庭のなかに、
 Garden's indide the fence,  お庭は土塀のなかに、
 Fence's in town,       土塀は町のなかに、
 Town's in Japan,       町は日本のなかに、
 Japan's in the world,    日本は世界のなかに、
 World's in God.       世界は神さまのなかに。

 And...and, God's inside   そうして、そうして、神さまは、
 A little bitty bee.     小ちゃな蜂のなかに。

             『金子みすゞ童謡集 Something Nice』より


従って、この『不思議』という詩には、「wonder (wonderful)」という
positive な意味合いの英語が相応しい、という結論が導き出されると
いうわけです。たとえば、「私は不思議でたまらない、」は、I can't
stop wondering... という具合に。


では、なぜダッチャー氏は「wonder」ではなく「weird」という英語を
当てたのでしょう?彼は研究社『新編 英和活用大辞典』の編集委員も
務めた親日家であり、言葉には人一倍、敏感な方だと思われます。

これは私の勝手な憶測ですが、ここでの「weird」は「へーんなの」とか
「なんでダロ~」みたいに軽い口癖のようなニュアンスで、子供の戯れ
言風の味を出しているんじゃないでしょうか。この「weird」という英語
は、日本人には馴染み薄いものですが、アメリカの日常会話(口語)では
一般的によく使われるそうです。

また、第4節目の「誰にきいても笑ってて、あたりまえだ、ということ
が。」という部分は「weird」とぴったり呼応します。それで詩全体を
統一したのではないかと。

しかし、全体に「weird」を使うことで、肝心の「Sence of wonder」の
positive なニュアンスが消えてしまったとしたら、この英訳は(読者
のご指摘通り)失敗かもしれません。皆さんはどう思われますか?

果たして「weird」には、positive な語感はあり得ないのでしょうか。
残念ながら、手元の辞書を引いた限りでは、よくわかりませんでした。
こんなに簡単な童謡詩の中にも翻訳の大きな壁が存在したのは驚きです。
いや、詩の翻訳はそれだけ難しいのでしょう。昔、「小説とは言葉を組
み替えるものだが、詩とは言葉を創るものだ」という話を聞いたことが
あります。どなたか、「weird」の精確な語感についてご教授ください。


ところで『広辞苑 第五版』で「不思議」を引くと以下のようにあります。
こちらも(weird 同様)元々、negative な意味合いの言葉のようですね。

【不思議】
 (不可思議の略)
 (1)よく考えても原因・理由がわからない、また、解釈がつかない
   こと。いぶかしいこと。あやしいこと。奇怪。方丈記「世の―
   をみること、ややたびたびになりぬ。」「―な話」「自然界の
   ―をさぐる」

「不思議」は元来、仏教語「不可思議」の略で、思議すべからざること、
つまり心で思うことも言葉でいうこともできないようなことを指します。
それに対して恐怖心を抱けば negative、好奇心を抱けば、positive な
意味合いに転じるのでしょうか。『広辞苑 第五版』には未掲載ですが、
現在、確かに日本語の「不思議」にはプラスイメージの語感もあります
よね。それは「wonder (wonderful)」という英語の対訳語に「不思議」
を当てた時から始まったのかもしれません。

この辺りの、「不思議」=「wonder」の、negative → positive な意味
合いの変遷は、実に興味深いテーマです。もう少し調べた上で何かわかり
ましたら、また当メールマガジン誌上でご紹介したいと思います。


                             (竹)
■ Coffee Break -- 英詩で味わうみすゞの世界(2)

エミリー・ディキンスンというアメリカの女性詩人 (Emily Dickinson
1830-1886)をご存知でしょうか? 生前出版された詩は僅か10編足らずで、
誰に知られることもなくひっそりと生涯を終えましたが、死後、20世紀
半ばに1,775編の詩を収めた『エミリー・ディキンスン詩集』が出版され、
一躍脚光を浴びました。以来、今日まで高く評価され、アメリカを代表
する詩人の一人です。

深く短い詩の中に自然、愛、神、孤独、不安、絶望をうたったエミリー。
彼女は生涯独身で、ボストン近郊のアマストという生地を離れず、一度も
遠出することなく、蟄居して暮らしたそうです。驚くべきことに、窓から
眺めるだけで、ほとんど外の世界を旅することもなかったエミリーの詩は
森羅万象をうたい、全世界を自由に駆け巡ります。小さな世界から大きな
宇宙を捉える直観力、イマジネーションの力は、童謡詩人・金子みすゞ
(1903-1930) と同種の才能ではないかと思います。死後に再評価され、
復活を果たした境遇でも似ていますね。

エミリーの有名な詩を1編、ご紹介しましょう。

 HOPE is the thing with feathers
 That perches in the soul,
 And sings the tune without the words,
 And never stops at all,
  
 And sweetest in the gale is heard;
 And sore must be the storm
 That could abash the little bird
 That kept so many warm.
  
 I've heard it in the chillest land,
 And on the strangest sea;
 Yet, never, in extremity,
 It asked a crumb of me.


                from The Complete poems of Emily Dickinson


<大意>
 希望には羽がある
 魂にとまり
 歌のないしらべを
 歌い続ける

 風吹きすさぶ時こそ
 甘美に歌い
 人々を暖める小鳥を
 困らせないで 嵐よ

 凍れる土地や見知らぬ海で
 希望という小鳥は歌う
 そしてどんなにつらくとも
 わたしにパン切れひとつ乞わず


さて、前置きが長くなりましたが、みすゞの英訳詩です。今回も D. P.
ダッチャー氏が英訳した『金子みすゞ童謡集 Something Nice』(1999.6
JULA出版局刊) からの引用抜粋です。

英訳を企画・依頼した矢崎節夫氏(金子みすゞ研究の第一人者)は、
韻を踏んだリズム感のあるダッチャー氏の英訳詩を、誰でも口ずさむ
ことができる「現代のマザーグース」と評しています。


The Sad Times         さびしいとき

 When I'm feeling sad     私がさびしいときに、
 Strangers don't know.     よその人は知らないの。

 When I'm feeling sad     私がさびしいときに、
 My freinds all laugh     お友だちは笑うの。

 When I'm feeling sad     私がさびしいときに、
 Mama spoils me.        お母さんはやさしいの。

 When I'm feeling sad     私がさびしいときに、
 Buddha feels sad.       仏さまはさびしいの。


子供の目線の信心が見事に描かれていて、個人的に好きな詩です。
あるいは、仏さまの表情は見る者の心を映す鏡なのでしょうか。


It's Weird               不思議

 It's weird how             私は不思議でたまらない、
 Shiny silver raindrops fall      黒い雲からふる雨が、
  from black clouds.          銀にひかっていることが。

 It's weird how             私は不思議でたまらない、
 Silkworms turn white          青い桑の葉たべている、
  when they eat green mulberry leaves. 蚕が白くなることが。

 It's weird how             私は不思議でたまらない、
 Moonflowers open at dusk        たれもいじらぬ夕顔が、
  without a poke from anyone      ひとりでぱらりと開くのが。

 It's weird how             私は不思議でたまらない、
 People I ask laugh and sky,      誰にきいても笑ってて、
  "Nothing strange in that."      あたりまえだ、ということが。

             『金子みすゞ童謡集 Something Nice』より


山口県大津郡仙崎(現・長門市仙崎)という小さな漁師町に生まれ育った
みすゞは、20歳の頃、下関の上山文英堂書店の支店で働き始めます。大好
きな本に囲まれて一人きりの静かな店番は、彼女の空想の王国だったよう
です。この頃から「みすゞ」のペンネームで童謡雑誌への投稿も始めてい
ます。

取り立てて何もない小さな町の、平凡な日常の中に新鮮な驚きと喜びを
見い出す、みすゞの旺盛な好奇心、鋭い観察力はどうでしょう。彼女の詩
の中には確かに「子供」が住んでいます。モノと刺激の溢れかえる現代に
生きる私たち、くたびれた大人は、生活の便利さと引き替えに「感動する
力」を失いつつあるのではないでしょうか。


                             (竹)


◆朗読 CD BOX-金子みすゞ大全集 キングレコード \20,000(税込)
 ※当電子辞書SHOPの姉妹店「点辞館」一押しの朗読CD 10枚組セット
  http://www.nichigai.co.jp/yomikata/misuzu.html

◆私と小鳥と鈴と―金子みすゞ生誕100年記念ベスト(2枚組 朗読CD)
 ※「点辞館」お取り扱い中 キングレコード \3,500(税込)
  http://www.nichigai.co.jp/yomikata/misuzu.html

【最寄りの書店でお求めください】
◆金子みすゞ童謡集「Something Nice」 ※英語の朗読CD付き!
 金子みすゞ〔詩〕/D. P. ダッチャー〔訳〕
 JULA出版局 1999.6刊 146p 21cm(A5) \2,500(税別)
 ISBN4-88284-097-9

◆金子みすゞ童謡集 (ハルキ文庫) ※お手頃な文庫本です!
 角川春樹事務所 1998.3刊 235p 15cm(A6) \580(税別)
 ISBN4-89456-386-X
■ Coffee Break -- 英詩で味わうみすゞの世界(1)

前回、童謡詩人・金子みすゞ(1903-1930)の詩を数編ご紹介したところ、
思いの外、好評でしたので、気をよくして今回も取り上げてみます。

面白い本を発見しました。D. P. ダッチャーという翻訳家が英訳した
『金子みすゞ童謡集 Something Nice』という本がJULA出版局から出て
います。この方は、かの『新編 英和活用大辞典』(研究社) の編集委員
にも名を連ねています。

では、この『Something Nice』から、金子みすゞが世に知られる契機と
なった記念すべき作品をご紹介しましょう。すべてはこの一編の詩から
始まったのです。


  大漁          Big Catch

 朝焼小焼だ       Red skies, sunrise.
 大漁だ          Big catch!
 大羽鰮(おおばいわし)の  Big catch of
 大漁だ。          herring!

 浜は祭りの       Up on the beach
 ようだけど        it's a carnival, but down in the sea
 海のなかでは        they'll mourn
 何万の         For thousands on thousands of
 鰮(いわし)のとむらい    herrings.
 するだろう。

                〈*カッコのよみはこちらで付与〉


金子みすゞの発掘者であり、第一人者である矢崎節夫氏(1947-)が大学
一年の時、初めて出会ったみすゞの詩が、「大漁」でした。岩波文庫の
『日本童謡集』(与田準一編)の中で偶然、見つけたそうです。

これを読んだ矢崎氏は大きな衝撃を受け、「生き死にをこんなに鮮烈に
歌えるなんて。見えない海の底の悲しみにまで佇める、金子みすゞとは
どんな人なのだろう」とすっかり虜になり、以降、当時まだ無名だった
みすゞ捜しの旅に向かいます。

ふと思ったんですが、鰮(いわし)は新字では「魚」偏に「弱」と書く
んですよね。鱗がはがれやすく背骨が弱いので「よわし」と呼んだのが、
「いわし」に転じたという説もありますが、名もなき小さい者、弱い者
にスッと視点移動できる、みすゞの感性は素敵です。ストレートに核心
を突く強さがあり、単なる甘いセンチメンタリズムには終わらない深さ
を感じます。

この詩が雑誌『童謡』に掲載された時、選者の西條八十はみすゞをこう
評したそうです。「氏には童謡作家の素質として最も貴いイマジネーシ
ョンの飛躍がある」と。

矢崎氏は、金子みすゞの文学を「みすゞコスモス」と呼んでいます。すな
わち、みすゞの詩は、その人生観、宇宙観、宗教観を擁する、内なる宇宙
の具現化であると。次の代表的な詩にそれが表れているような気がします。


  星とたんぽぽ

 青いお空の底ふかく、
 海の小石のそのように、
 夜がくるまで沈んでる、
 昼のお星は眼にみえぬ。
  見えぬけれどもあるんだよ、
  見えぬものでもあるんだよ。

 散ってすがれたたんぽぽの、
 瓦のすきに、だァまって、
 春のくるまでかくれてる、
 つよいその根は眼にみえぬ、
  見えぬけれどもあるんだよ、
  見えぬものでもあるんだよ。


  Stars and Dandelions

 Deep down in the blue sky
 Like pebbles on the ocean floor
 They lie submerged till dark comes...
 Stars unseen in the light of day.
   You can't see them, still they're there.
   Even things not seen are there.

 Petals drop and withered dandelions
 Hidden in cracks between roof tiles
 Wait silently for spring to come...
 Their strong roots unseen.
   You can't see them, still they're there.
   Even things not seen are there.


みすゞの詩は「童謡」であり、語呂のよい七五調を基調に作られて
います。ですから、声に出して朗読してみることをお薦めします。
『Something Nice』にも訳者自らが英語で朗読した CD が付いてい
ます。たとえば『朗読 CD BOX 金子みすゞ大全集』(10枚組)と聞き
比べてみるのも一興かと...。


朗読 CD BOX-金子みすゞ大全集 キングレコード \20,000(税込)
 ※当電子辞書SHOPの姉妹店「点辞館」一押しの朗読CDセットです!
  http://www.nichigai.co.jp/yomikata/misuzu.html

金子みすゞ童謡集「Something Nice」 ※英語の朗読CD付き!
 金子みすゞ〔詩〕/D. P. ダッチャー〔訳〕
 JULA出版局 1999.6刊 146p 21cm(A5) \2,500(税別)
 ISBN4-88284-097-9

【D. P. ダッチャー】
 翻訳家、辞書編纂者。1944年、アメリカのニューヨーク州に
 生まれる。ハワイ大学卒業。同大学修士。ハーバード大学博士
 課程修了(日本古典文学専攻)。Collier's 百科事典(マクミラン
 社)の日本文化に関する大項目の他、日本語・日本文学について
 の著述がある。『新編 英和活用大辞典』(研究社)などの英和・
 和英辞典の編集委員を務める他、古典から現代まで幅広い翻訳
 を手がけている。1966年の初来日以来、通算20年日本在住。

金子みすゞ童謡集 (ハルキ文庫) ※お手頃な文庫本です!
 角川春樹事務所 1998.3刊 235p 15cm(A6) \580(税別)
 ISBN4-89456-386-X


                             (竹)
■ DDwin で辞書検索(その1)

「DDwin」(でぃー・でぃー・うぃん)は草本和馬さんが開発した Windows
対応 EPWING 検索ソフトです。フリーウェアとして最も人気のあるソフト
で、主に以下のような特徴を備えています。

・複数の辞書をグループ化して串刺し検索ができます。
・全文検索が行えます。
・インクリメンタルサーチが行えます。

このように「DDwin」は、フリーウェアであるにも関わらず内容・機能が
本格的で、市販のソフトやシェアウェアと比べてもまったく遜色ありま
せん。中でも「串刺し検索」は、複数の辞書をまとめて一度に検索する
ことができる、とても便利な機能です。

串刺し検索には、以下のようなメリットがあります。

・複数の辞書をそれぞれ起動・検索する必要がないので、探す時間が
 大幅に短縮できる。
・異なる辞書で一つの言葉がどのように使われているかを素早く確認
 できる。

これ以外にも「DDwin」には便利な機能があるので、いくつか紹介して
おきます。

「クリップボード自動検索」
 クリップボードに語句をコピーするだけで、自動的に検索を行う機能
 です。例えば「Word」など他のアプリケーションで文章を書いている
 とき、文章中に出現した単語を調べたいときなど、いちいちアプリケ
 ーションを切り替えなくても検索できます。

「インクリメンタルサーチ」
 検索ボタンをクリックしなくても、一文字入力するごとにその時点で
 該当する項目を検索して一覧に表示する機能です。入力候補を絞って
 行きたいときなど便利です。

詳しくは↓を「DDwinで辞書検索」をご覧下さい。
 http://www.nichigai.co.jp/translator/ddwin/index.html

■ Coffee Break -- 金子みすゞと朗読CD

金子みすゞ・・・ご存知でしょうか。

西條八十から「若き童謡詩人の中の巨星」と賞賛されたみすゞ。でも
26歳の若さでこの世を去ったため、その作品は散逸し、幻の童謡詩人
といわれ、長い間その作品は明らかにされていませんでした。

児童文学者・矢崎節夫氏の16年間にわたる献身的なみすゞ探しにより、
没後50年余を経た1982年、512編の遺稿集が発見され、JULA出版局から
全集や選集が次々と出版されました。以来みすゞの詩にふれた人から
人へ波紋のように共感の輪が広がり、全国にみすゞファンが続出。今
なお、読者を魅了して止みません。

それは百の説明よりも一編の詩を詠んでいただいたらわかるでしょう。
俳優の片岡鶴太郎さんが一番好きだというみすゞの詩「蜂と神さま」と
彼女のスタンスがよく表れた詩「私と小鳥と鈴と」をご紹介します。


「蜂と神さま」           「私と小鳥と鈴と」

 蜂はお花のなかに          私が兩手をひろげても、
 お花はお庭のなかに         お空はちつとも飛べないが、
 お庭は土塀のなかに         飛べる小鳥は私のやうに、
 土塀は町のなかに          地面を速くは走れない。
 町は日本のなかに
 日本は世界のなかに         私がからだをゆすつても、
 世界は神さまのなかに。       きれいな音は出ないけど、
 さうして、さうして、神さまは    あの鳴る鈴は私のやうに
 小ちゃな蜂のなかに。        たくさんな唄は知らないよ。

                   鈴と、小鳥と、それから私、
                   みんなちがつて、みんないい。


              <JURA出版局刊 金子みすゞ全集より>


みすゞの詩はすべてのものに優しいまなざしを向け、“みんなちがっ
てみんないい”とすべてを認め合う“共生”を易しい言葉でうたって
います。そう、シンプルな彼女の詩に溢れるものは慈愛の心。それは、
百年の時を経た今、21世紀のグローバル社会に生きる私たちに、より
いっそう深く染みわたることでしょう。

電子辞書SHOPの姉妹店=点訳・朗読ボランティア支援サイト「点辞館」
では、生誕100年記念『朗読CD BOX金子みすゞ大全集』(10枚組/キング
レコード/税込 \20,000)の取り扱いを始めました。女優・若村麻由美
がNHKラジオで朗読した全作品(512編)に音楽をのせて収録。じっくり
耳を傾けるもよし、BGM 代わりに流すもよし、子供から大人まで大勢
の方々にぜひ聴いてほしい逸品です。

一杯の珈琲と金子みすゞの朗読CD・・・この秋のお薦めです。

  http://www.nichigai.co.jp/yomikata/misuzu.html

【キングレコード朗読CD-その他のラインナップ】
  http://www.nichigai.co.jp/yomikata/shop/king.html


                             (竹)

■電子辞書マスターへの道 (第2話)

ありがたいことに、前回掲載いたしました「電子辞書マスターへの道」
(第1話)を読んで「EPWING 版 CD-ROM 辞書を是が非でも使いたくなった」
「DDwin が欲しくて欲しくてたまらない」と思って下さった方が、全国
で大量発生したとか。伝聞ですので事実と異なる場合もございますが、
概ね好評だったんだろうと(勝手に)思いこんでおります。

しかし、どんなに「EPWING版 CD-ROM 辞書を使いたい」と思っても、実
際に CD-ROM を買っていただきませんと、皆様の願いは叶いません。
同様に「DDwin が欲しくてたまらない」と悶絶していても、実際に DDwin
を手に入れなければ何も始まりません。

EPWING 版 CD-ROM 辞書は、弊社が運営しております「電子辞書SHOP」で
お買い求めいただくとして(宣伝宣伝♪)....

「TranRadar電子辞書SHOP」
  http://www.nichigai.co.jp/translator/

....さあ、早速 DDwin を入手しましょう!!

「大変なんじゃないか」「面倒なのはイヤ」などと、始める前から不安
に駆られてしまう心配性のあなた。そんなあなたにこそ読んでいただき
たいのが、EPWING 辞書の使い方を分かりやすく解説した、このWEBペー
ジなんでございます。もちろん DDwin の入手~導入についても詳しく
解説しています。

「DDwinで辞書検索」
  http://www.nichigai.co.jp/translator/ddwin/index.html

案ずるより産むが易し。最初の一歩を踏み出さないことには、何も始ま
りません。「DDwin で辞書検索」があなたの最初の一歩になれたら、こ
んなに嬉しいことはありません。いや、本当に。


                            (☆野)
■電子辞書マスターへの道 (第1話)

弊社では多数のEPWING版CD-ROM辞書を出版しております。おかげさまで
「辞書ファン」をはじめとする多くの皆様にご愛用いただき、辞書制作
に携わるスタッフ一同、うほっほうほっほと小躍りしながら喜んでおり
ます。

各商品には取扱説明書を添付しており、その中で基本的な使用方法につ
いて解説してはおりますが、紙数の問題もあり、言いたいことの半分も
説明できていないのが現状です。この事態、制作スタッフとしては非常
に歯がゆいのでございます。涙で枕をぬらす毎日でございます。

残念ながら取扱説明書を読んでも「EPWINGとは何ぞや?」という基本的
なことすら知ることができません。また、商品に同梱しているEPWING
対応検索ソフト「ViewIng」以外にも便利な検索ソフトがあるのですが、
そのご紹介も掲載していません。

「EPWINGについてもっと知ってほしい」「便利な検索ソフトを紹介した
い」「CD-ROM辞書を使いこなしてほしい」....そんな願いを込めて、制
作スタッフがこんなWEBページを作成しました。

「DDwinで辞書検索」
  http://www.nichigai.co.jp/translator/ddwin/index.html

このページには「EPWINGって何よ」という基本的な話から、EPWING対応
検索ソフト(フリーウェア)「DDwin」の詳しい使い方まで、電子辞書検
索を極めるためのお得な情報がきゅっとぎゅっと凝縮されています。


*「DDwin」はフリーソフトであり、弊社のEPWINGタイトルすべてが問題
 なく動作するとは限りません。残念ながら、弊社では「DDwin」の動作
 保証はいたしかねますので、予めご了承ください。

*また、「DDwin」の使用方法などについても、弊社ではサポートいたし
 かねます。恐れ入りますが、ご不明の点は「DDwin」に付属のヘルプ
 ファイルを参照していただくか、作者のホームページをご覧ください。


                            (☆野)
■ 文芸愛好家に贈る「新潮社 シェイクスピア大全 CD-ROM版」

これまでありそうでなかった、面白い企画のCD-ROMが登場しました。
シェイクスピア全戯曲(37篇)の、ほぼ全ての名立たる邦訳(180本)
を網羅し、原文の台詞単位で読み比べることができるというもの。
坪内逍遥、小田島雄志の個人全訳をはじめ、福田恆存訳、さらには森
鴎外訳など、既に絶版となって入手不可能なものまで一枚のCD-ROMに
収録されています。また、原文は、シェイクスピア研究に欠かせない
'The Arden Shakespeare Second Series Play Texts' が収められて
います。

では、『ハムレット』より、有名な一節《To be, or not to be, that
is the question:》の訳を読み比べてみましょう。

【小田島雄志 訳】
 このままでいいのか、いけないのか、それが問題だ。

【松岡和子 訳】
 生きてとどまるか、消えてなくなるか、それが問題だ。

【福田恆存 訳】
 生か、死か、それが疑問だ。

【木下順二 訳】
 このままにあっていいのか、あってはいけないのか、それが知り
 たいことなのだ。

【久米正雄 訳】
 生か死か……それが問題だ。

【坪内逍遙 訳】
 世に在る、世に在らぬ、それが疑問ぢゃ。

【横山有策 訳】
 存(なが)らふべきか、それとも、存(なが)らふべきでないか、
 問題はそれだ。

簡単なフレーズですが、こうして並べてみると翻訳は各人各様。バリ
エーションは豊富ですね。

こと文芸翻訳に関しては、翻訳次第で作品の印象がガラリと変わる
ことがあります。たとえば目下、書店で平積みされている J.D.サリ
ンジャーの『キャッチャー・イン・ザ・ライ』(ライ麦畑で捕まえて)
なども、往年の野崎孝訳と最新の村上春樹訳では随分と違うようです。

学習院大学の中条先生の評によると「三十年前に野崎訳で読んだとき、
ホールデンは、下町のべらんめえ口調でまくしたてるやんちゃ坊主と
いった感じだったが、村上訳では、山の手言葉でああでもないこう
でもないと愚痴る引っ込み思案の少年という印象」だとか。何となく
村上新訳のホールデン少年像の方が今の時代にマッチしているような
気がしますね。

文芸翻訳には、時代の空気が色濃く織り込まれると言えるでしょう。
「新潮社シェイクスピア大全」によって、逍遙以来百年以上にわたる
シェイクスピア翻訳の歴史、研究成果を俯瞰し、読み比べられるのは
実に興味深いことです。

また、当CD-ROMは単なるテキストデータベースに留まらず、「誕生」
「病気」「戦争」などシェイクスピアをより深く面白く読むための
キーワード50語の解説を行った上、アーデン版原文の関連箇所に
リンクさせています。

さらに、シェイクスピアに関わる豊富な写真、絵画、実際の上演舞台、
映画、音声(江守徹主演『ハムレット』全編収録)などオーディオ・
ヴィジュアル資料も満載です。

文芸マニア垂涎の一枚、32,000円・・・買うべきか、買わざるべきか
・・・それが問題です。

                            (竹)

----------------------------------------------------------------
【新潮社 シェイクスピア大全 CD-ROM版 のガイド】*ハイブリッド版
   2003年4月発売 価格32,000円(税別)→特価28,800円(税別)
  → http://www.nichigai.co.jp/translator/shakespeare.html


■ 担当編集者が紹介する――新刊情報
              中村保男著『英和翻訳の原理・技法』

『英和翻訳の原理・技法』は、著者中村保男氏が自らの半世紀に渡る
経験をもとに書き下ろした翻訳指南書の決定版です。
中村氏は刊行された翻訳書が100冊を超える文芸翻訳の大家で、また
言語・語学への造詣も深く、英語翻訳指導書や表現辞典など、十指に
余る関連書籍も執筆されています。

本書『英和翻訳の原理・技法』はこうした執筆活動の集大成といえる
もので、豊富な文例・訳例を交えつつ、英和翻訳のコツをわかりやす
く系統立てて述べており、翻訳家を目指す人ばかりでなく、英語学習
者や英語そのものに興味がある方にもお勧めの一冊です。

本書では、「原文解読」→「直訳文作成」→「和文和訳による中間訳」
→「精製された決定訳」→「全体の推敲」という翻訳のステップを掲
げ、英語読解力とともに「日本語を磨く」ことの重要性を強く訴えて
います。

「日本語を磨く」というのは誰でも頭では理解できるのですが、本書
の大きな特徴は“磨かれていない日本語文”と“磨かれた日本語文”
の違いの実際を、さまざまな場面での具体的な実例を挙げて詳細に
解説していることにあります。本書により読者は、もちろん英和翻訳
の技術を向上させられますが、同時に日本語に対する感性や言葉への
細心の注意力も高められます。

そして著者は、原文を単に正しく美しい日本語にするための個々の
「技法」の修得だけではなく、さらなる高みへと読者を誘います。
すなわち――その文が全体の中で占める位置や前後関係・文脈にも
配慮する「全体感覚」を保ち、文の「意味内容」を正確に訳するに
とどまらず「表現形態」も充分に咀嚼して、原文に密着するのでも
なく安易な“意訳”に逃避するのでもない「不即不離」の態度を会
得してこそ最適訳に到達できる――著者は本書の中でこの翻訳の基
本的な「原理」を噛んで含めるように読者に伝授しているのです。

本書は、一読して終わるのではなく、何度も何度も読み込むことで
自分の「言語感覚」を磨くことに役立つ、本当の意味での“参考書”
といえるでしょう。

             日外アソシエーツ(株) 編集局 (稔)
■ヨーロッパ映画へのいざない
                   文:ボーイ・ミーツ・ガール

☆「ラルジャン」
 ロベール・ブレッソン監督/1982年/フランス=スイス
 発売元 紀伊國屋書店

フランス映画界の異端にして巨匠ロベール・ブレッソンの遺作。この映画
を撮った時、ブレッソンは82歳だった。原作はトルストイ「贋金使い」。
ブレッソンは、この原作をドストエフスキーのような不条理劇に書換え
た。まさに映画と文学の粋が、この奇跡的な傑作に結実した。

簡潔の極致と言われた独特な映像美、徹底的に感情を排した出演者の
演技、手や札束や斧のアップ映像。故淀川長治氏は、「研ぎ込まれた
銀器を見るようだ」と評した。

主人公のイヴォンは贋金を掴まされ職を失う。妻と娘を養うために銀行
強盗を計画して失敗、投獄。投獄中に娘は栄養失調で死亡、妻はイヴォン
の元を去っていく。獄中でイヴォンは「金を得るためには何をしても構
わない」という独自の哲学を構築する。そして刑期を終え出獄した
イヴォンは・・・わずか1時間40分の間に、1つの哲学の誕生と敗退が
見事に描かれている。


☆「マルメロの陽光」
 ビクトル・エリセ監督/1987年/スペイン
 発売元 紀伊國屋書店

薄暗い部屋の窓が開け放たれ、そこがアトリエであることが判明する。
やがて画家はキャンパスの木枠を組み立て始める。スペイン・キュビ
ズムの巨匠アントニオ・ロペスが、23年間完成させえないマルメロの
絵(マルメロは西洋花梨のこと)を描くひと夏が、ドキュメンタリー
タッチで描かれている。

妻との日常生活、友人の画家エンリケ・ゲランとの交友の中で、淡々
と絵を描くアントニオ・ロペス。この映画には、マルメロを描くアン
トニオ・ロペスの夏と同じ時間が流れている。

映画を観ることの幸福は、スクリーンの向うと同じ時間を過ごすこと
ではないだろうか。余りに饒舌な映像の連続を目の当たりにする我々
は、ともするとスクリーンと距離を置いてしまう。この映画を観る時、
我々は映画と同じ時間を過ごすということ、映画を観ることの幸福を
実感できる。

ビクトル・エリセは、未だ3本の映画しか撮っていない。「蜜蜂のささ
やき」「エル・スール」、そして「マルメロの陽光」である。
寡作の巨匠の、芳醇な時間に浸ってみては如何だろうか。

◆DVD版好評発売中
・「ラルジャン」
  特価:\4,320(税別) [定価:\4,800(税別)] 値引額:\480 (10%OFF)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/videosea.cgi?W-TITLE=%83%89%83%8B%83%57%83%83%83%93&VMODE=ON

・「マルメロの陽光」
  特価:\4,320(税別) [定価:\4,800(税別)] 値引額:\480 (10%OFF)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/videosea.cgi?W-JCD=4523215004817

■ 担当編集者が紹介する--新刊情報
             「カタカナから引く 外国人名綴り方字典

W杯もいよいよ決勝トーナメントを迎え、「バティストゥータ」や
「ベッカム」などスター選手の名前をメディアで見聞きしない日はあり
ませんが、その綴りまではなかなか併記されないのが実情です。

このようなカナ読みしかわからない外国人名の綴りを、日頃どうやって
調べていますか?ネットの検索エンジンや人名事典を参照しても見つか
らず、途方に暮れたことはありませんか。

7月刊行の「外国人名綴り方字典」は人名の読みからアルファベットの
綴りがわかる、他に類を見ない画期的なツールです。前例のない形式の
字典だけに、制作は暗中模索をきわめました。もちろん(?)、冷や汗
モノの裏話も堆く積みあがっております。この場を借りて二つほど打ち
明け話を。

◆「ウェブを開けてくれ…もっとデータを!」(・・・スミマセン;)
この字典に使われた人名は、日外アソシエーツの膨大な人物データを元
にしています。つまり実在する人名に基づいた信頼性の高い表記字典な
のです(それとなくアピール)。また、欧米に限らずアジア・アフリカ
諸国の人名を数多く収録しているのも特徴です。

しかし当然ながら、世に数多ある外国人名すべてが過去の人物データに
含まれているわけではありません。制作中は、次々とメディアに登場す
る新たな人名とのイタチごっこが続きました。特に、W杯サッカーでの
登録選手が発表される時期に編集者の顔色が優れなかったのは、ベッカ
ムの不調やジダンを思いやってのことだけではなかったのです。
…さて、イタチごっこの結果は?

◆「消すべきか、消さざるべきか…」
外国人名の表記につきものなのが、ウムラウトやセディーユといった変
音記号です。なんといっても世界中の人名を収集していますから、様々
な記号が見られます。人名の専門書を片時も手放せなかったのは言うま
でもありません。

そうしてせっかく収録した変音記号が校正の際に編集者を悩ませました。
変音記号のなかには、文字のすぐ下に小さな点を付けるものがあります。
中東の人名に多い記号ですが、これが印刷インクが飛び散った汚れに見え
て仕方ないのです。消そうと思うと、変音記号。編集者の冷や汗の分だけ
この記号が収録されていると言っても過言ではありません。

以上2題、翻訳者の方々にはとんだ笑い話で大変お恥ずかしいのですが…。
刊行の遅れたお詫びとして、笑って受け流して頂ければ幸いです。なお、
本書をご覧になってのご意見・ご感想もお待ちしております。

(日外アソシエーツ 編集局 吉川)

■ 新人原沢奮戦記 どてらくないやつ2

丁稚の原沢です。

以前、このメルマガで、電子辞書のOS対応について書いたところ、
そういったお問い合わせを、更にたくさんいただきました。

お陰様で、各社の電子辞書がXPやMEに対応しているかどうかの情報
集めに拍車がかかり、以下のページ↓にリストをまとめることが出
来ました。どうぞご覧ください。

 http://www.nichigai.co.jp/translator/faq/d1.html

パソコンのOSを変更したり、電子辞書を新たに購入する時などに、
ご参照いただけたらと思います。

ところで、番頭さんに「“どてらくないやつ”って、どういう意味
ですか?」と尋ねたところ、

「お前は丁稚の分際で、『もーやん』も知らんのか!」と怒られま
した。

更に『もーやん』という新語の登場で、謎は深まるばかりです。
最新CM
[12/09 山本ゆうじ]
[12/07 Lisa Hosoi]
[09/29 NONAME]
[09/29 NONAME]
[03/13 エラリー]
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) TranRadar(トランレーダー)ブログ All Rights Reserved