忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■ 山岡洋一 自著を語る 後書きに代えて

 職業としての翻訳をテーマとする本を書いてみたいと考えるよう
になったのは、もう十年以上も前のことだ。そう考えたのは当時、
翻訳書は毎日何点も出版されているのに、翻訳をテーマにする本は
ほとんどなかったからである。 

 いまでは、大きな書店に行けば翻訳をテーマにする本が何冊も並ん
でいる。状況は一見、様変わりしているわけだが、そのほとんどは
「あなたも翻訳家になれる」式の「やさしく、分かりやすい」本、
言い換えれば、内容が薄い本だと思えてならない。類書がいくらで
もあると思えるなかであえて本書を書いたのは、翻訳という職業、
翻訳者という生き方を扱った本格的な本はまだないと思うからだ。
 
 翻訳は地味な仕事だ。縁の下を這いずりまわり、ない力を振り絞
っているのが翻訳者だ。だが、その役割は決して小さくはない。外国
のすぐれた文化、知識、情報を日本人が日本語で吸収できるように
するのが翻訳の役割である。それによって、明日の日本文化を支える
基盤を築く一助になるのが翻訳である。 

 このような重要な役割を担っている点を考えれば、翻訳とは何か、
翻訳とはどういう職業かについての真剣な議論がほとんどないのは
残念なことだ。翻訳が気楽な副業、気楽な内職になるかのような話
ばかりが目につくのは悲しいことだ。翻訳という仕事を軽く見る
傾向が、翻訳の学習者や翻訳教育関係者、翻訳書の読者、そして
一部の編集者や翻訳者にまであるのは心痛むことだ。 

 翻訳を職業としている者にとって心外だというにとどまらないかも
しれない。明日の日本文化を支える基盤を築く一助になるのが翻訳
である。その翻訳を軽視する傾向が強まり、翻訳の質が低下してい
けば、日本文化の質にもいずれ影響が及ぶ可能性がある。ボディブ
ローのように徐々にではあるが、日本文化の足腰を弱めていくこと
になりかねない。

 本書を書いたのは、以上のように考えたからである。一生をかけ
た職業として翻訳に真剣に取り組んでいる人たち、これから取り組
もうとしている人たち、編集者や発注者として翻訳に関与している
人たち、読者の立場で翻訳に興味をもつ人たちが翻訳について深く
考える際に、わずかでもヒントになればと願っている。 


                         山岡 洋一


<全国有名書店で8月中旬発売>
 『翻訳とは何か―職業としての翻訳』 山岡洋一著
  日外アソシエーツ刊行 本体価格 1,600円 ISBN4-8169-1683-0

ネット上でもご注文承っております(送料は弊社負担)。
 http://www.nichigai.co.jp/newhp/whats/yamaoka/yamaoka.html
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新CM
[12/09 山本ゆうじ]
[12/07 Lisa Hosoi]
[09/29 NONAME]
[09/29 NONAME]
[03/13 エラリー]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) TranRadar(トランレーダー)ブログ All Rights Reserved