忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■ 担当編集者が紹介する――新刊情報
              中村保男著『英和翻訳の原理・技法』

『英和翻訳の原理・技法』は、著者中村保男氏が自らの半世紀に渡る
経験をもとに書き下ろした翻訳指南書の決定版です。
中村氏は刊行された翻訳書が100冊を超える文芸翻訳の大家で、また
言語・語学への造詣も深く、英語翻訳指導書や表現辞典など、十指に
余る関連書籍も執筆されています。

本書『英和翻訳の原理・技法』はこうした執筆活動の集大成といえる
もので、豊富な文例・訳例を交えつつ、英和翻訳のコツをわかりやす
く系統立てて述べており、翻訳家を目指す人ばかりでなく、英語学習
者や英語そのものに興味がある方にもお勧めの一冊です。

本書では、「原文解読」→「直訳文作成」→「和文和訳による中間訳」
→「精製された決定訳」→「全体の推敲」という翻訳のステップを掲
げ、英語読解力とともに「日本語を磨く」ことの重要性を強く訴えて
います。

「日本語を磨く」というのは誰でも頭では理解できるのですが、本書
の大きな特徴は“磨かれていない日本語文”と“磨かれた日本語文”
の違いの実際を、さまざまな場面での具体的な実例を挙げて詳細に
解説していることにあります。本書により読者は、もちろん英和翻訳
の技術を向上させられますが、同時に日本語に対する感性や言葉への
細心の注意力も高められます。

そして著者は、原文を単に正しく美しい日本語にするための個々の
「技法」の修得だけではなく、さらなる高みへと読者を誘います。
すなわち――その文が全体の中で占める位置や前後関係・文脈にも
配慮する「全体感覚」を保ち、文の「意味内容」を正確に訳するに
とどまらず「表現形態」も充分に咀嚼して、原文に密着するのでも
なく安易な“意訳”に逃避するのでもない「不即不離」の態度を会
得してこそ最適訳に到達できる――著者は本書の中でこの翻訳の基
本的な「原理」を噛んで含めるように読者に伝授しているのです。

本書は、一読して終わるのではなく、何度も何度も読み込むことで
自分の「言語感覚」を磨くことに役立つ、本当の意味での“参考書”
といえるでしょう。

             日外アソシエーツ(株) 編集局 (稔)
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新CM
[12/09 山本ゆうじ]
[12/07 Lisa Hosoi]
[09/29 NONAME]
[09/29 NONAME]
[03/13 エラリー]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) TranRadar(トランレーダー)ブログ All Rights Reserved