忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■ 担当編集者が紹介する--新刊情報
             「カタカナから引く 外国人名綴り方字典

W杯もいよいよ決勝トーナメントを迎え、「バティストゥータ」や
「ベッカム」などスター選手の名前をメディアで見聞きしない日はあり
ませんが、その綴りまではなかなか併記されないのが実情です。

このようなカナ読みしかわからない外国人名の綴りを、日頃どうやって
調べていますか?ネットの検索エンジンや人名事典を参照しても見つか
らず、途方に暮れたことはありませんか。

7月刊行の「外国人名綴り方字典」は人名の読みからアルファベットの
綴りがわかる、他に類を見ない画期的なツールです。前例のない形式の
字典だけに、制作は暗中模索をきわめました。もちろん(?)、冷や汗
モノの裏話も堆く積みあがっております。この場を借りて二つほど打ち
明け話を。

◆「ウェブを開けてくれ…もっとデータを!」(・・・スミマセン;)
この字典に使われた人名は、日外アソシエーツの膨大な人物データを元
にしています。つまり実在する人名に基づいた信頼性の高い表記字典な
のです(それとなくアピール)。また、欧米に限らずアジア・アフリカ
諸国の人名を数多く収録しているのも特徴です。

しかし当然ながら、世に数多ある外国人名すべてが過去の人物データに
含まれているわけではありません。制作中は、次々とメディアに登場す
る新たな人名とのイタチごっこが続きました。特に、W杯サッカーでの
登録選手が発表される時期に編集者の顔色が優れなかったのは、ベッカ
ムの不調やジダンを思いやってのことだけではなかったのです。
…さて、イタチごっこの結果は?

◆「消すべきか、消さざるべきか…」
外国人名の表記につきものなのが、ウムラウトやセディーユといった変
音記号です。なんといっても世界中の人名を収集していますから、様々
な記号が見られます。人名の専門書を片時も手放せなかったのは言うま
でもありません。

そうしてせっかく収録した変音記号が校正の際に編集者を悩ませました。
変音記号のなかには、文字のすぐ下に小さな点を付けるものがあります。
中東の人名に多い記号ですが、これが印刷インクが飛び散った汚れに見え
て仕方ないのです。消そうと思うと、変音記号。編集者の冷や汗の分だけ
この記号が収録されていると言っても過言ではありません。

以上2題、翻訳者の方々にはとんだ笑い話で大変お恥ずかしいのですが…。
刊行の遅れたお詫びとして、笑って受け流して頂ければ幸いです。なお、
本書をご覧になってのご意見・ご感想もお待ちしております。

(日外アソシエーツ 編集局 吉川)

PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新CM
[12/09 山本ゆうじ]
[12/07 Lisa Hosoi]
[09/29 NONAME]
[09/29 NONAME]
[03/13 エラリー]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) TranRadar(トランレーダー)ブログ All Rights Reserved