忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新潮文庫『シャーロック・ホームズ全集』の翻訳で名高い延原謙(のぶ
はら・けん 1892-1977)氏の評伝が来月刊行されます。著者は、私共
日外アソシエーツから『書誌年鑑』を出されている昭和女子大学の中西
教授。ご自身、シャーロキアン(Sherlockian)でもあります(因みに
英本国では、Holmesian と呼ばれるそうです)。

延原謙といえば、大正から昭和にかけて探偵小説の源泉として多くの有
名作家を輩出した「新青年」(博文館)の編集長を務めたこともあり、
江戸川乱歩、横溝正史らと「のぶけん」「えどらん」「よこせい」と呼
び合った仲の翻訳家。アガサ・クリスティーやエラリー・クィーンの翻
訳もありますが、何といってもシャーロック・ホームズ・シリーズの全
訳が有名です。

味のある読みやすい“文体”で、古き良き時代の英国紳士二人の友情と
冒険の物語を生き生きと日本語に移しました。その翻訳への道のりを照
らし出した画期的な評伝。ご期待ください。

 『ホームズ翻訳への道―延原謙評伝』 中西裕著 日本古書通信社
  定価2,625円(本体価2,500円) 2009年2月刊
                             (竹)
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新CM
[12/09 山本ゆうじ]
[12/07 Lisa Hosoi]
[09/29 NONAME]
[09/29 NONAME]
[03/13 エラリー]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) TranRadar(トランレーダー)ブログ All Rights Reserved