忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■ 翻訳業界雑記                    吉野 陽

○翻訳と著作権

先日CS放送で『ジョー・ブラックをよろしく(原題:Meet Joe Black)』
が字幕で放送されていました。この映画は私の大好きな映画のひとつで、
めったに購入しないDVDも持っています。

もう何十回も観た映画なのですが、ビールを片手にテレビに釘付けになっ
てしまいました。

しかししばらく観ているうちに、違和感が沸いてきました。「年を取っ
たせいで感受性が鈍ったか」と、“死と税金”同様に逃れられない“時”
を思いながらビールの空き缶は増えていったのですが、あることに気が
ついてDVDをデッキに挿入して、再生ボタンを押しました。

シンクロするDVDとCS放送の映像。同じ場面を見比べてみると、なんと
字幕が全く違うのです。

なぜ字幕が違うのか。これは著作権が関係しています。ビデオ・DVD化
の権利を取得した会社は、その会社の予算などの都合にあわせて翻訳者
を探し、翻訳を依頼します。同様にBS・CS放送の権利を取得した会社は
その会社で翻訳者を探して翻訳を依頼します。

つまり権利ごとに翻訳者が違ってしまう可能性が高いということになり
ます。このことは話では聞いてはいたものの、目の当たりにしたのは初
めてのことでした。

ちなみに私はDVDの字幕の方が性に合っているようです。何度も観て、慣
れ親しんだからかもしれませんが。

翻訳に「これだ」という正解はありませんが、いろいろな訳を見比べて
みるのも勉強になって面白いものだと実感した初秋の夜の出来事でした。

                    (アメリア事務局 吉野 陽)
                http://www.amelia.ne.jp/userTop.do
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新CM
[12/09 山本ゆうじ]
[12/07 Lisa Hosoi]
[09/29 NONAME]
[09/29 NONAME]
[03/13 エラリー]
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) TranRadar(トランレーダー)ブログ All Rights Reserved