忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ■ ベタの折衷、世界を制す
    --- 鈴木忠志演出「劇的な情念をめぐって」
                            今井 克佳

アングラ演劇の雄、「早稲田小劇場」から出発して、いまや独特の肉体
訓練を伴う演出文法、いわゆる「スズキメソッド」で世界に知られる演
出家、鈴木忠志が16年ぶりに東京で上演を行った。11月上旬のことであ
る。彼の作品は本拠地である富山の山奥、利賀村か、芸術監督を務める
(今年度で引退)、静岡舞台芸術センター(SPAC)で上演されるかだった
が、新国立劇場とSPACの共同制作によってひさびさの東京公演が実現し
たのである。

「劇的な情念をめぐって」と題された上演は三作。エドモン・ロスタン
の「シラノ・ド・ベルジュラック」、チェーホフの「イワーノフ」、そ
してギリシャ悲劇「オイディプス王」である。「シラノ」は中劇場で、
他二作は小劇場での二本立だ。

「イワーノフ」から語ろう。まあ救いようの無い話だ。社会改革の理想
に燃えて、ユダヤ人の妻と結婚したが、理想が破れ、重病の妻を家に残
しながら浮気に走ってしまう男。鈴木演出では、イワーノフ以外の登場
人物のほとんどが大きな買い物かごのなかにいる。男たちは「鼻眼鏡」
(ドリフターズの加藤茶みたいな)をしている連中が多く、車椅子に乗
り、剥き出しの足を高くあげながら動いて行く。視覚的にはかなり奇矯
で滑稽。ゲームの世界のキャラクターみたいだ。もっと笑っていいのだ
と思うのだが、なぜか静まりかえった客席。世界の鈴木の頭の中はこう
なっているのか。これが劇作から得た自分の「イリュージョン」だと演
出家自身がパンフレットに書いている。

そして「オイディプス王」。地球を模したという円形の舞台をやはり車
椅子に座ったオイディプス王がぐるぐるまわりながら演技をする。世界
は病院。最近の鈴木演出のほとんどがこの発想なのだそうだ。オイディ
プス役だけがドイツ人の役者でセリフもドイツ語だ。鈴木メソッド独特
の腹から絞り出すような太い発声。他の登場人物はこの地球の模様の周
りに丸く配置された円筒形の台の上に次々と現れ、セリフが終わるとそ
の場に人形のように固まってしまう。衣装も荘厳で、一種の様式美を感
じさせ、迫力もある。しかしあまり変化が少なく、途中、つらいところ
もあった。

そして、「シラノ」。個人的にはこれがいちばんよかった。戯曲はフラ
ンス、衣装、セット、俳優の肉体は日本伝統風。音楽はヴェルディのオ
ペラ「椿姫」、つまりはイタリア、とパンフの言葉で言えば「ミスマッ
チ」。演出家は近代日本の文化自体が虚しいミスマッチだが、それを
「かけがえのないミスマッチ」として世界共通の財産にするべき、という。
それがこの「シラノ」の舞台なのだ。「シラノ」は江戸末期頃の武士と
思われる「喬三」という人物の幻想の中の分身。クリスチャンやロクサ
アヌも幻想の中の人物とする。

白い花のあふれるセットはたとえそれが葬儀の花のイメージと聞いても
美しい。やはり白い着物で現れる女たちは、途中で日本人形のように書
き割りと化してしまうが、ヒロインのロクサアヌを含めて今回はオーデ
ィションで集めた若き女優たちが演じており、新鮮だ。戦場を訪れて料
理を振る舞うロクサアヌの口にする料理の名前は実にユーモラスで笑っ
てしまう。鈴木メソッドを権威としてあがめ奉って観るのはやめたほう
がいい。笑いのセンスにもあふれているのだから。

大仰に流れる「椿姫」もベタ。最終部で雪を振らせてシラノを去らせる
歌舞伎風演出もベタ。物語ももともとベタ。ベタベタである。このベタ
の組み合わせに、うーん、と感動させられてしまう。そしてそのベタの
背景に、理路整然とした演出意図をおいておく。これが鈴木演出の構造
なのではないだろうか。その「鈴木メソッド」が新劇の源流、「チェー
ホフ記念」の名を冠し、あのスタニフラフスキーシステムを生み出した
「モスクワ芸術座」の作品に採用される時代である(12月に「リア王」で
来日)。オリエンタリズムの物珍しさという嫌いもあるとはいえ、いま
や鈴木演出というベタの「ミスマッチ」が世界を制したのである。
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新CM
[12/09 山本ゆうじ]
[12/07 Lisa Hosoi]
[09/29 NONAME]
[09/29 NONAME]
[03/13 エラリー]
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) TranRadar(トランレーダー)ブログ All Rights Reserved