忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■ 日英語の性質の違いが翻訳に及ぼす影響(その4)
                             小川 明
前回では、次のことを明らかにした。

◆日本語では、名詞に前から掛かる連体修飾要素は短く、名詞句は短く
なる。

[さっき境内を掃除にきた]〈おばさん〉(武田百合子『ことばの食卓』)

◆日本語では、一つの文は短くなる。長くするためには短い文を並列に
繋げていく。

点灯夫とは、夕暮れ時になると/ 街灯ひとつひとつに灯をともし、/ 空
が明るくなると/ その灯を消していく、/ [あの仕事をする] 人のことだ。
(西本郁子『時間意識の近代』)

◆この二つを守ると自然な日本語になることが多い。

ただし長い連体修飾節がいつも不自然になるわけではない。短い文を並
列に並べた場合は、不自然にならない。

[群馬の山村に生まれ 、/東京で苦学して /電気専門学校を出、/戦争に
行き、/肺結核の大手術を受け、 /ふるさとの生家の下の家に婿に入っ
た]〈あなた〉は、電気技師として勤めていた鉱山が閉山になるとともに
東京に行きましたね。 (南木佳士『天地有情』) 

◆どのような時に日本語が不自然に感じられるか。

次の例では、(a)が安西による直訳で不自然に感じられる、(b)が安西に
よる翻訳で自然な日本語になっている。なお[  ] により関係代名詞節
ないしは連体修飾節、〈 〉によりそれが掛かる名詞を示す。

There are 〈plenty of races〉 at the present day [who have〈fully
developed languages〉[in which they can express 〈everything〉
[that is in their mind]]], but [who have no system of writing]].

a. 現在、[[[ 心にある]すべての〈こと〉を表現できる十分に発達し
た] 〈言語〉をもっているが、[書く]〈組織〉をもたない] 多くの〈種
族〉がいる。

b. ある種の種族は、[ 十分に発達した ] 〈言語〉をもち、[考える]
〈こと〉はすべて口頭では表現できるにもかかわらず、表記のシステム
だけはもっていない。しかもこうした種族の数は、今日でもけっして少
なくないのである。

◆なぜ不自然になるのか。

直訳では短い文が並列に連結されていないで、[ ]で示されているよう
に、入れ子になっている。〈種族〉に掛かる[心にある・・・書く組織
をもたない]の長い連体修飾節の中は単に文が連結されているのでなく、
その中に含まれる〈言語〉に連体修飾節 [心にある・・・十分に発達し
た]がかかり,さらに、その中の〈こと〉に[心にある]が掛かっている。
つまり三重に「埋め込み」(文の中に文を繰り入れること)がなされて
いる。実はこれが直訳を不自然にする元凶なのである。

それに対して安西の訳(b)をみるとそのような何重にも渡る埋め込みは
ない。[十分に発達した]と[考える]という短い連体修飾節があるのみで
ある。

◆日本語と英語の違い

英語では、埋め込みを繰り返すことはまったく自然であり、これが文を
長くする重要な手段になっている。

John owned a cat [that killed a rat [that ate cheese [that was
rotten ]]].

その直訳がいかに不自然か見てみよう。

ジョンは[[[腐った]チーズを食べた]ねずみを殺した]ねこを飼っていた。

それに対して、日本語では基本的には、文を並列にならべることによっ
て、文全体を長くしていく。これが二言語の間の大きな違いであり、埋
め込みが何重もある文を直訳すると、ぎこちない日本語にならざるを得
ないのである。不自然な翻訳を生み出す主な原因のひとつになる。これ
は、究極的には日本語がSOV,英語がSVO言語、つまり動詞の位置の違いか
ら出てくると思われる。

◆自然な日本語にするためには埋め込みを繰り返すことを避ける。最大
2回である。

念のため、もうひとつ例をあげよう。安西の例による。

Let us not neglect [as we grow older] the pleasure of re-reading
〈books〉[which we remember [we liked [when we were young]]],
but [which we have mostly forgotten] and [which we should like
to read again].

a. 齢を取るにつれて、[[[[若かった]〈時〉に好きだったと] 覚えてい
る,しかしほとんどは忘れており、そしてもう一度読んでみたい] 〈書
物〉をもう一度読む]〈楽しみ〉を大切にしよう。

b. 齢を取るにつれて、[昔読んだ本をもう一度読み返してみる]〈楽し
み〉を大切にしたいものである。[ [若い頃に好きだった]〈こと〉だけ
は] 覚えていても、内容はほとんど忘れてしまっていて、もう一度読ん
でみたいと思っているような、そんな本を読み返すことにはまた格別の
楽しみがあるものだ。

直訳(a)には四重の埋め込みがあるが、翻訳(b)では二重である。ここで
注目すべきは [若い頃に好きだった・・・もう一度読んでみたいと思っ
ているような]〈本〉となるところを「そんな」を用いて、その埋め込み
を避けていることである。これは埋め込みを避ける一つの効果的な手段
であり、すでに挙げた「点灯夫・・・」の例文でも、そのために「あの」
が使われている。

◆この観点から眺めると、福沢諭吉のアメリカ独立宣言の翻訳がいかに
見事なものであるかわかる。直訳は柳父による。

(29) [When in the course of human events it becomes necessary
[for one people to dissolve the political bands [which have
connected them with another], and to assume among the powers
of the earth, the separate and equal station [to which the Laws
of Nature and of Nature’s God entitle them]]] , a decent respect
to the opinions of mankind requires [that they should declare
the causes [which impel them to the separation]].

a. [人類の諸事件の経過において、[一国民が他の国に結びつけられて
いた] 政治的な絆を解き放ち、[[自然法と自然の神の法がその国民に
付与した分離した] 平等の地位を、地上の列強の間で占めること]がそ
の国民にとって必要になる] 時、人類の世論にたいする当然の配慮は、
[[彼らが分離せざるをえなかった] 理由を宣言すべきである] という
ことを要求する。

b. [ 人生巳むを得ざるの時運にて、一族の人民、他国の政治を離れ、
/ 物理天道の自然に従って/ 世界中の万国と同列し、/ 別に一国を建
てる] の時に至ては、/ [其建国する] 所以の原因を述べ、/人心を察し
て/ 之を布告せざるを得ず。

短い文を並列につなぎ、埋め込みの繰り返しを避けている。原文及び
その直訳ではある幾重もの埋め込みがなくなっている。まさに上で述
べたことが、直観によって実践されているのである。

◆以上4回にわたり、日英語の構造上の差から出てくる翻訳上の問題に
ついて説明を試みた。まだまだたくさんあると思うが、これからも言語
を研究している者の立場から調べてみたい。

【著者略歴】
 小川 明(おがわ・あきら)
 東京家政大学文学部教授
 1942年生まれ。東京教育大学大学院文学研究科修士課程修了。山口
 大学、名古屋工業大学を経て、現職。英語学を専門とする。
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新CM
[12/09 山本ゆうじ]
[12/07 Lisa Hosoi]
[09/29 NONAME]
[09/29 NONAME]
[03/13 エラリー]
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) TranRadar(トランレーダー)ブログ All Rights Reserved