忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 BSで香港映画「インファナル・アフェア」3部作の放映がありました。
「男たちの挽歌」以来、じつは香港ノワール映画のファンである私は3
 夜連続で、そして更に録画した3作をぶっ続けで見るという暴挙に出、
 家族を呆れさせました。ところでファンとはいえ最近の香港映画に疎い
 私には気になった点があります。それは登場人物がお互いの名前を、以
 前のようにアンディー、トミーといった様に英語的に呼ばないことです。
 中国返還後、ジャッキー・チェンなんていう呼び方は香港では使い辛く
 なったのでしょうか?
 さて、ラウ、ヤンなどほとんどすべての登場人物が広東語読み中国名で
 呼ばれている中、しかし一人、マフィアのボスの名だけがサムと英語的
 でした。ここには中国返還後の閉塞感に対する香港映画人の反骨がある、
 と思ったのですが、深読みが過ぎるでしょうか。
                              (青)
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新CM
[12/09 山本ゆうじ]
[12/07 Lisa Hosoi]
[09/29 NONAME]
[09/29 NONAME]
[03/13 エラリー]
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) TranRadar(トランレーダー)ブログ All Rights Reserved