忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

司馬遼太郎の『戦車・この憂鬱な乗物』という随筆によると、陸軍戦車
隊では、ネジマワシを柄付螺廻(エツキラマワシ)、ミシンを縫穿機
(ホウセンキ)、スリッパを上靴(ジョウカ)、ズボンを袴(コ)と呼
んだという。更に言えば、アクセルは噴射践板、クラッチは連動板、ハ
ンドルは転把と言ったそうだ。

ところで用語といえば「後期高齢者」である。役所の感覚といってしま
えばそれだけのことだ。しかし、発案する者がいれば承認する者もいた
はずで、そういった過程を経てもなお「後期高齢者」という言葉が作り
出されていく感覚は恐ろしい。

司馬は戦後自動車を運転しようと思ったことがないという。それは「噴
射践板や連動板、転把といったふうのあんな奇怪なもの」に二度と関わ
りたくないからだという。関わりたくないのは操作の煩わしさなのか、
それともアクセルを噴射践板と呼ぶよう言語感覚につきあわされた記憶
が呼び戻されるからなのか。

「後期高齢者」。
司馬遼太郎が生きていたら、このことをどの様に論じただろうか。

                             (青)
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新CM
[12/09 山本ゆうじ]
[12/07 Lisa Hosoi]
[09/29 NONAME]
[09/29 NONAME]
[03/13 エラリー]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) TranRadar(トランレーダー)ブログ All Rights Reserved