忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 ■ 後 記

 最近、ワケ(商売上の打算)あって、太宰治作品の朗読を集中的に聞い
 ています。
 わたしのガサツな人生において、太宰作品はもっとも縁遠い存在でした。
 おそらく(商売上の打算という)ワケがなければ決して触れることはな
 かったでしょう。
 ところが聞いてみるとなかなか良いのであります。
 で、太宰作品の短いフレーズにうなったりしています。

 「子供より親が大事、と思いたい」(桜桃)
 「幸福は一夜おくれて来る」(女生徒)
 「富士には、月見草がよく似合う」(富嶽百景)

 さて、ワケ(商売上の打算)をお知りになりたい方は
 ぜひ↓クリックください
 http://www.nichigai.co.jp/yomikata/shop/dai509.html

             「恥の多い生涯を送って来ました」 (青)
 

PR

■ 仕事としての翻訳                  井口 耕二

 ◆ビジネスの流れ

 ●受注の仕方

 前回、前々回のメールマガジンでは、打診から受注で以下の項目がポイ
 ントになると紹介し、下記の1~4について説明しました。

 1. 自分の翻訳速度を正確に把握しておく
 2. 量が多い場合は減らしてもらう、または断る、という勇気を持つ
 3. 原稿を見て、その難易度と翻訳量を見積もる目を養う
 4. 専門分野を持ち、なるべくその分野の仕事に集中する
 5. 翻訳スピードを高める工夫をする

 今回はその続きです。

 5. 翻訳スピードを高める工夫をする

 限られた時間である程度の量をこなすためにどうしても必要なのが、ス
 ピードアップです。詳しくは別項目でとりあげるので、ここでは、「安
 易にスピードアップだけを狙わないこと」という点だけ頭に入れておい
 てください。

 おいおい、必要なのに狙うなってどういうことだよと思いますよね。

「安易にスピードアップだけを狙う」というのは、翻訳支援ツールなど
 と呼ばれるものを導入し、訳文を考える部分で楽をしてスピードを上げ
 る道のことです。「ステップアップ-大量翻訳者 vs. 高品質翻訳者」
 でも触れましたが、こちらに進むと短期的には収入が増加しますが、高
 い単価をとれる力が身につかず、長期的には収入も頭打ちとなります。
 逆に、品質を追求するためによく考えて訳していると、そのうち、瞬間
 的に判断できる部分が増え、自然とスピードが上がってきます。

 結局、自然にスピードが上がってくるのを待つしかないのかというと、
 そうでもありません。

 頭よりも手がものをいう部分については、ツールの導入やソフトウェア
 の機能活用でスピードアップが図れます。具体的には(↓)の部分です。
 ・辞書引き
 ・文字入力
 ・単語やフレーズのコピー

 今は基本的にビジネスの流れを説明しているところなので、詳しくは別
 項目でとりあげます。

 ●仕事の断り方

「断る勇気を持ちましょう」と繰り返し書いていますが、これに付け加
 えて一言。

「できません」の一言で断らないこと!

 後につながる断り方を工夫しましょう。

 まず、「申し訳ありませんが~……」といった言葉は必須です。あなた
 が断れば、コーディネーターは次の人に連絡しなければなりません。そ
 れが仕事だといえばそのとおりですが、そこはそれ、人間がやることで
 すから気遣いが必要です。

 打診された仕事が分野違いなら、「私はこれこれこういう分野が専門で
 す。今回のお話は分野が違いすぎて難しいと思います」とでもするべき
 です。量が多すぎる場合も、「このくらいの量であれば可能です。分割
 はできませんか?」とか、「納期をいついつにしてもらえれば可能です
 が……」という具合にした方がいいでしょう。

「やる気がある」ことと「こういう条件ならできる」ということをアピ
 ールしておくのが大事です。

 コーディネーターも人の子です。断られても、なんかいい感じの人だっ
 たと思えば、また、声をかけてくれることでしょう。ただし、いったん
 受注して訳文を納品すれば、品質が一番の問題になります。いいものを
 納品しましょう。

 場合によっては、連絡がうまくできないでいるうちに他の翻訳者に仕事
 が行ってしまったり、結局ジョブ自体がなくなってしまったりすること
 もあります。携帯電話へ電話やメールを転送するなどの工夫をしていて
 も、タイミングが悪くて連絡できないこともあります。

 こういう場合も、後のフォローが大事です。フォローを電話でするにせ
 よメールでするにせよ、連絡がとれなかったことの謝罪は必須です。久
 しぶりに連絡してくれた翻訳会社であれば、得意分野などのアピールや
 近況などをさりげなく付け加えるのもいいでしょう。ただし電話の場合
 は相手の様子しだいで臨機応変に。先方がとても忙しい状態なら、要点
 だけでさっと切り上げた方が印象はいいはずです。電話の向こうから伝
 わってくる気配に注意しましょう。

 ●早い者勝ちのジョブマッチング

 コーディネーターが案件に合う翻訳者を選んで打診するという形でマッ
 チングを行うのが普通ですが、最近は、早い者勝ちのジョブマッチング
 も存在します。ウェブサイトにアップロードされたジョブに対し、最初
 に「やる」と手を上げた人のところにジョブが行くという形です。

 多様な仕事の流れがあれば時々に応じて都合のよいパターンを選べるの
 で、多様化は基本的にいいことなのですが……プロの翻訳者として身を
 立てて行くつもりなら、早い者勝ちのジョブマッチングによる受注はな
 るべく早くに卒業することをお勧めします。

 やめた方がいい理由はふたつあります。

 最大の理由は安いこと。少なくとも私が知っているところは、まともに
 食べて行ける単価ではありません。安い仕事を大量にやろうとすれば翻
 訳者として伸びられなくなるということは、くり返し書いているとおり
 です。

 頼む側の立場に立てば、なぜ安いのかすぐに理解できます。誰がどのよ
 うに訳すのかが不確定でわからないかわりに安いのです。「英日で原文1
 ワードあたり3円や5円ならこのくらいでも仕方がないだろう」という満
 足が得られる価格設定だと言ってもいいでしょう。

 もうひとつは、同じ分野やソースクライアントの仕事を続けて蓄積によ
 る品質と実力の向上を狙うことがまずできない点です。仕事を選べばい
 いと思うかもしれませんが、なにせ早い者勝ちですからね。ゆっくり考
 えていたら別の人に取られるのがオチです。


 


「痒いところに手が届く」なんて表現があります。一方、そんな表現は
 ないのですが「痒くもないのに掻きむしられる」ということを経験する
 ことがあります。
 先日も、結果情報を遮断し、夜、女子フィギュアスケートの録画放送を
 見ようと楽しみにしていたところ、駅売店に「真央、銀!!」の大見出
 しが。自分のところの夕刊紙を売りたいという魂胆なのでしょうが、大
 きなお世話です。というよりも金メダルだったならまだしも、そんな新
 聞誰が買うというのでしょうか。
「結果を早く知りたかったら新聞なんか読むか!」「そんな理屈もわか
 らないから衰退するんだ!」 と、掻きむしられた胸が叫びました。
                              (青)


 ■ 後 記

 高校入試直前、次男の制服(ズボン)のファスナーが全壊。兄弟はなぜ
 か弟の方がでかくなるもの。ご多分にもれず我が家でも兄のズボンでは
 急場をしのげない。で、兄経由、兄の友人たちに借用を依頼。たちどこ
 ろに3本のズボンが到着。さすが高校ラガー、心意気が違うと感謝。し
 かし届いた3本、ウエストはぶかぶかだけど丈が短い。どうやら貸して
 くれたのは心優しきスクラム専門職の皆さんだった様子。「でかいし短
 い」と苦情を言うと、「じゃあ腰パンで行け」と兄。 それを聞いて、
 俺はスノボのコクボじゃないと泣き崩れる弟。しかし、困った時には妙
 案が浮かぶもの。そうだ!と黒いズボンを差し出してやると次男にぴっ
 たり。それは新婚だった20年前に購入したオヤジの礼服(ウエストアジ
 ャスター付き)のズボンだった。
 というわけで「腰パン」拒否した、心映えさわやかな次男は無事合格と
 あいなりました。
                              (青)
 

 ■ 後 記

高校受験中の次男(15歳)について驚愕の事実が発覚しました。なんと
彼は英和辞典が引けないのであります。というか正確に申しますとカタ
カナ語のスペルが思いつかないのであります。例えば「ビデオ」。彼の
頭の中で「ビ」は「Bi」なので、 "B" から辞書を引こうとするのです。
ジーニアスで Video を引くのに "B" から始めたとしたら、一体どれく
らい時間がかかるか(それも一種の勉強法かもしれませんが・・・)。

ともかく、受験生次男のため「ヴィデェオのスゥイチィ切って」とフラ
ンキー堺扮する日系人ばりの会話に努める妻と私なのであります。
                              (青)
 ■ 後 記

2009年の私を振り返ります。振り返りますと、どうもバカバカしさが大
いに足りなかったという反省点がまず頭に浮かびます。はっきり言って
守りに入っていました。こんなバカなことを言っては、本当にバカだと
思われるのではないか、と。
本当にバカなのになにをかいわんやです。
というわけで、2010年のテーマは「バカバカしさへの回帰」です。
ご期待ください。

といいつつ、年内、もう一回配信します・・・
                              (青)

 ■ 後 記

先日、東名高速上郷SAのトイレを利用したところ、一つの個室に「オ
ストメイト」という表示がありました。「オストメイト」とは人工肛門・
人工膀胱保有者のことを指すのですが、その看板を見たときにはどうい
う意味なのか理解できませんでした。ようやくわかったのはその個室の
設備を見てからのことでした。
で、このわかりづらいカタカナ語は何だ、と思いました。
しかし人工肛門を装着せざるを得ない方々の不自由さ、心労を考えると、
敢えて万人がわかるような表示にしていないのかという考えもよぎりま
した。
だが、こういうわかりづらい言葉を使っていたのではこの先も世間の無
理解、心ない対応をなくすことはできないのではないかとも思えます。

ともあれ、オストメイト対応トイレは全国の公共施設に増えているそう
です。こういったことによって、オストメイトの方々の外出への不安が
軽減されることを願う次第です。
                              (青)


 ■ 後 記

先日、滅多に見ないBBCにチャンネルを合わせたところ、鳩山&オバ
マの共同会見が大々的に報じられていました。

鳩山首相のスピーチはBBCで英語に吹き替えられており、同時通訳の
方はそれを一生懸命に日本語に訳しておりました。
つまり、日本語→英語→日本語という離れ業です。

「え…っと鳩山首相はそのように言いました。日米同盟は…えー…重要
なものであり…すべての礎なのです。礎です。時代は変遷しており…世
界環境は変化することにより深めればいいのです。それは深めることが
大事なのです。」

通訳の方の高いスキルのなせるわざといえましょう。

いっぽう、某アメリカテレビ局は日本語オリジナルをそのまま流してい
ました。
                                                          (ポン)
 ■ 後 記

一家団欒の夕食。話題がマイケル・ジャクソンの映画のタイトル"THIS
IS IT" に及んだ。で、娘(中1)に尋ねられた。「あのさぁ、"THIS IS
IT" ってどういう意味?」と。私と妻と次男(中3)は固まった。

"THIS" も "IS" も "IT" も簡単な単語だ。この映画がマイケルの死に
よって実現しなかったロンドンツアーの名称にちなんだものであること
も知っている。しかしこの場合に "THIS IS IT" といわれ、どう訳して
いいのやらさっぱりわからないのである。

結果、正直(かつ卑怯)な私は「明日、英語の先生に聞きなさい」とス
ルーパスすることとした。

今晩、娘に先生がどう説明してくれたのか、それを聞くのが楽しみであ
る。
                                                           (青)
 ■ 後 記

最近「外国人力士はなぜ日本語がうまいのか」という本を読みました。
“外国語習得”という観点からすると「な~んだ、そんなこと?」とい
う内容でしたが、大相撲ファンの私にとって面白かったのは、刊行当時
(2001年)まだ入幕したてだった朝青龍が“向上心があり、親方の言う
ことをしっかり聞くまじめな好青年”として書かれていたこと。もちろ
んそれは嘘ではなかったのでしょうが‥
                              (み)

 ■ 後 記

 中国60周年建国記念日の軍事パレードなるものをニュースで見た。なん
 だかしらないけども凄い。戦車、ミサイル、兵隊さん達の一糸乱れぬ行
 進はもちろん。それに加え人間の数がまた凄い。報道によれば二十万人
 がこのパレードに招待され、数十万人の警官とかりだされた百万人の市
 民が警備に当たったという。あの日、一体どれだけの人がパレードに関
 わったのだろうか。
 とろこでこのニュースを見て、隣国に住むひねた小市民(=私)の頭に
 まず浮かんだのは「トイレは大丈夫なのか?」ということだった。
 もっとも人工消雨で晴天さえ演出してしまうのである。人間の生理現象
 などかの国では管理可能・心配無用なのかもしれない。
                              (青)
 

 ■ 後 記

 メールマガジンを出しながらこんなことを言うのははばかられるのです
 が、どうもメールでのコミュニケーションが苦手です。それはいただい
 たメールをよく見落とす。返信しようと思っていながら新しいメールに
 反応し忘れる。好意をこめたいのだが相手にそれが伝わらない。といっ
 たことがままあるからであります。結果、不義理、不誠実、無愛想とい
 う(私からすれば)誤解が生じるのです。

 男子四十五歳にして、絵文字を交えようかしらん(^_^;
                             (青)

 ■ 後 記

選挙が近づいてきました。
さて今回の選挙、焦点は政権交代。自民党にするのか、民主党にするの
かだ、といわれています。
皆さんはポイントをどこにおいていますか?
「どっちにするか? オレはハッキリ言って『人相』で選ぶよ」。
知人の一人はそんなことを申しておりました。
人相はともかく、今回の選挙では自分なりの基準を設けねば、と思って
おります。
                             (青)
 ■ 後 記

自分でもちょっと早いかな? と思うのですが、最近、人の名前(芸能
人や野球選手など)が思い出せない時があります。
ある時ラジオを聞いていたら、いろいろ本などを書いているお医者さん
が、「忘れたと思ったら七転八倒しても思い出せ」と言っていました。
以来、なんとか思い出すように頑張っています。でもそんな私の努力を
邪魔立てするものがいます。それはGoogleです。○○高校出身、投手、
巨人なんていれると答えがでてしまうのです。かくしてGoogleに頼らず
に思い出すべくもがいています。
あのお医者さん、なんて名前だったっけ?
                             (青)

ギブアップしてGoogleに頼りました。
上述のお医者さんは、吉田たかよし氏でした。
 ■ 後 記

先週、移動中のクルマの中で国会中継を聞きました。で、感じたこと2
点。ひとつは〈野次〉。聞きしにまさるひどさでした。新聞によると与
野党で「節度ある野次」を事前に申し合わせたということですが、ラジ
オのこちら側には「節度なさ」だけが伝わってきました。
それからもう一つは〈時間〉。質問者がしきりと「時間がないので」と
いうのです。「大事な問題ですが時間がないので手短にご回答ください」
などと。百年に一度の危機ならば夜を徹してでも議論しろよ、と思わず
クルマの中で〈野次って〉しまいました。
                              (青)
■ 後 記
 
「GWに大阪のアメリカ村に行き、彼の地で大人気だといわれている
アイスドッグを食べてきました」。

説明や脚注の多い文章は煩わしいものです。しかし説明を抜きにして「分かる
人だけが分ければいい」という態度もいただけません。

要はバ ランスなのでしょう。
 
で、もし上の(不親切な)文章を米国中西部在住・農業ボブさん(75歳) に英語
で説明しようとしたら大変でしょう。
「ナヌ?金色の一週間? OSAKAちゅうところにアメリカがあんのか。村じゃね
えぞバカにすんな。 なんだその凍った犬って?」と。

さて、アイスドッグです。熱々の揚げパンにアイスクリームが挟まって おりました。
日本人同士でも理解し難いかもしれません。
                                                                       (青)

 ■ 後 記

 粗忽者です。先日、姉の所に身を寄せている母に絵はがきを出しました。
 姉の住所を書き、義兄の名前を書き「様方」と書きました。そして母の
 名前を書こうと「青木」までいったところでつい勢いに乗り「竜馬(自
 分の名前)」と書いてしまいました。
 で、仕方がないので自分の名前の横に「の母 和子様」と書き投函。
「これが四十過ぎた大人のすることか・・・」。
 親孝行のつもりがかえって心配をかけてしまいました。
 で、教訓。呑んで手紙を出すのはやめよう。
                              (青)

 ■ 後 記

 駅など、いわゆる公衆の面前で思い切り抱き合っている男女がいます。
 まあ大概の場合「そんなキミ、誰も奪いはしないよ」という感じの方々
 がそういうことをなさる傾向にあるようです。この間も駅の連絡通路で、
 臆面もなくからみあっている方々がいました。で、その脇を通り過ぎよ
 うとした時、横のオジサンが「欧米か!」と漫才師をまねて仰りました。
 熱烈な抱擁・・・
 仏蘭西や伊太利亜の方ならまだしも、確かに日本人には似合いません。

                              (青)
 

 ■ 後 記

 ホンダの家庭用カセットボンベで動く小型耕うん機の販売が好調なのだ
 とか。家庭菜園がブームになっている。でも畑を耕すのは結構大変。し
 かしガソリン燃料の耕うん機は給油が面倒・・・。ということでこの耕
 うん機は生まれたそうだ。何しろ、あの鍋なんかで使うカセットボンベ
 1本で1時間動くというのだ。
 耕うん機もカセットボンベも決して「先端」を行っているとは言えない。
 しかし時代の気分、開発者の発想、技術によってその組合せが魅力的に
 映るから不思議だ。
 金融工学よりも日本人の適性はこういう工学にあるのだろう。
                              (青)

 ■ 後 記

 先日、BSで『クレイマー、クレイマー』(1979年)を見ました。
 何度も見たはずなのですが意外な結末に驚きました。あまりの驚きに隣
 で居眠りしていた妻をたたき起こし、怒られました(ちなみに妻は、私
 に起こされたことも、怒った事も、そして私が解説した映画のラストも
 覚えておりませんでした)。
『クレイマー、クレイマー』といえば子役の男の子が実にカワイイ。で
 もいま彼は37歳。ネットで検索したら・・・(当たり前ながら)オッち
 ゃんでした。
                              (青)

HOMENext ≫
最新CM
[12/09 山本ゆうじ]
[12/07 Lisa Hosoi]
[09/29 NONAME]
[09/29 NONAME]
[03/13 エラリー]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) TranRadar(トランレーダー)ブログ All Rights Reserved