忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ■「山本ゆうじの翻訳道具箱」(その42)翻訳ソフトで医学翻訳

拙ブログにも書きましたが、若い人たちとドッジボールをしていて右手
の中指と小指をけがしてしまいました。骨折の一種で、槌指(mallet
finger)だそうです。業務用翻訳ソフト LogoVista X PRO 2006 専門辞
書フルパックには南山堂などの医学辞書が入っているので、訳させてみ
ましょう。すると、mallet finger の訳語には「槌指」と「マレットフ
ィンガー」の2種類が表示されます。槌指になったのは、中指の指先から
最初の関節 distal interphalangeal joint ですが、「DIP関節」、「遠
位指節関節」などの訳語もちゃんと出ます。ついでにいくつか調べてみ
ました。Dupuytren'scontracture は「デュピュイトラン拘縮」、
nonsteroidal anti-inflammatory drug は「非ステロイド性抗炎症薬」、
erythrocyte sedimentation rate は「赤血球沈降速度」……こういった
訳語がいちいち辞書を引かなくてもきちんと表示され、しかも訳文に
使えるのは気持ちがよいことです。

アメリカの標準治療の指針とされているメルク マニュアルに、mallet
finger に関する記述がありました。
http://www.merck.com/mmhe/sec05/ch071/ch071c.html

もうちょっと LogoVista X PRO 2006 で遊んでみましょう。

"This deformity usually results from injury, which either
damages the tendonor tears the tendon from the bone."
という原文を翻訳させると次のような文になります。

「この奇形は一般的には傷害に起因します、そしてそれは腱に損傷を与
えるか、または骨から腱を引きちぎります。」

これを使える訳文にするにはどうしたらよいでしょうか。まず、「奇
形」を右クリックして「変形」という訳語に、「起因します」を右クリ
ックして「生じます」という訳語に、「引きちぎります」を右クリック
して「引き裂きます」に入れ替えます。次に which 以降の訳文を切り
取り、適切な位置に貼り付けます。そうすると次のようになります。

「この変形は一般的には腱に損傷を与えるか、または骨から腱を引き裂
き傷害を生じます、そしてそれはます。」

冗長な個所や不自然なところに手を入れて、読点を補ってやります。

「この変形は、一般的には、腱に損傷を与えるか、骨から腱を引き裂く
傷害により生じます。」

「傷害」を動作の主体にしたくない場合は、もう少し手を入れます。

「この変形は、一般的には、腱が損傷するか、骨から腱が引き裂かれる
傷害により生じます。」

メルク マニュアルでは「手術が必要なのはまれ」とありますが、アメ
リカと日本では事情が異なることもあります。手術をしたほうが確実に
治るというので、手術することにしました。手術は、金属のピンを骨に
突き通して固定するというものでした。
数カ月はペンがまともに握れないため、紙とペンしかない時代なら苦労
するところです。中指と小指が動かせないため、タッチ タイピングも
できません。しかし、私はふだんから音声認識で入力しているので、
文書作成という点ではほとんど影響がないのは幸いでした。こんなに
便利なものがなかなか普及しないのは不思議な限りです。
皆さんが不幸にも手にけがをされたときは、「音声認識が使えるはず
だ」ということをぜひ思いだしてください。慣れればキーボードより
も速く入力できるので、けがしてから練習するよりは、今すぐ取り組
んだほうがよいとは思います。きちんとした機会さえあれば、音声認
識がキーボード入力をしのぐことはいつでもお見せできます。

さて、翻訳ワークフローSATILA<http://cds.cosmoshouse.com/satila/
についてのセミナーが、2006年6月30日に行われました。ロゴヴィスタ、
ナビックス、秋桜舎が主催し、SDLトラドス ジャパンのご協力をいた
だいて、知財翻訳研究所を会場としてお借りしました。国内翻訳会社
の各位に多数ご来場いただき、おかげさまで満席となりました。

翻訳支援(特に自動化)がもっとも有効なのは、すでにノウハウと翻訳
データが蓄積されているIT分野ですが、医学、バイオ、工学などの技術
分野でも有効です。特に以下の条件を備えている場合には効果を発揮
します。

- 用語が比較的整理・統一されている
- 一文が短く、簡潔な文体が徹底されている
- 英日の割合が多い
- 専門用語が多い

また、原文の分量が多ければ多いほど効果を発揮できます。これは「単
語の組み合わせからなる文は無限にある。しかし文を構成する単語は有
限である」という翻訳工学の大原則に基づいています。

秋桜舎では、大学や研究機関の方を対象として、協力者を募集していま
す。「翻訳工学」、翻訳支援に関心がある方は私までお知らせください。
自然言語処理や翻訳支援技術の開発そのものに関心がある方も、「翻訳
支援を用いて大量の技術翻訳をしたい」という方も歓迎します。後者の
場合は、「翻訳利用者」としてSATILAをお使いいただく代わりに、当方
の開発にご協力いただくことになります。IT以外の分野ではまだ翻訳
データが十分に蓄積されていないので、根気よくご協力いただけること
が条件となります。詳細についてはご相談ください。

ご質問、ご感想、ご要望、ご意見などがありましたら、
tran@nichigai.co.jp までどうぞ。

《このコラムは、音声認識ソフトで入力し、音声読み上げにより校正して
います》


PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新CM
[12/09 山本ゆうじ]
[12/07 Lisa Hosoi]
[09/29 NONAME]
[09/29 NONAME]
[03/13 エラリー]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) TranRadar(トランレーダー)ブログ All Rights Reserved