忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■ 仕事としての翻訳                  井口 耕二

 ◆ビジネスの流れ
 
 ●仕事の仕方の工夫

 前回は、スピードアップの工夫を紹介しました。今回はもうひとつのポ
 イント、品質の安定を取りあげます。

 ◎品質の安定

 自分の実力以上の翻訳はできません。ですから、自分の実力どおりの訳
 文を作る、それが、仕事としての翻訳を進めるにあたって大事なポイン
 トとなります。

 もちろん、専門分野の一番中心に「はまった」仕事が一番よい品質とな
 り、そこからはずれるほど品質は落ちるものです。これは実力のうちで、
 仕方がありません。しかし、それ以外の理由による品質低下やぶれが発
 生しないように気をつける必要があります。

 品質がぶれるというのは大きなマイナスです。訳文が90点のときと40点
 のときがある人では、安心して仕事を任せられません。翻訳者が訳文を
 提出するのは、客先納期まで、もうあまり時間が残っていないときです。
 その時点で40点だとわかったら、あとは大変な作業になります。それな
 らむしろ、60点で安定している方がいいかもしれません。後処理の時間
 が読めるからです。

 品質を安定させるためにはどうすればいいのでしょうか。

 ・読み直し、手直しを行う

 そんなの当然だよ、と思う方も多いでしょう。でも、この処理を行わな
 い、または、きちんと行えない人が少なからずいるようです。

 私が翻訳発注側にいたとき、日本語の誤変換がボロボロある(A4 1ペー
 ジに数カ所以上)訳文が何度も納品されました。誤変換など、一回、読
 み直していれば、そのほとんどに気づいていいはずの間違いです。見落
 とすことがないとはいえませんが、それでも大半はつぶせるはずです。

 読み直しはモニター上で行う人もいますが、紙に印刷して読みなおすこ
 とをお勧めします。印刷のほうが解像度が高いため、間違いに気づきや
 すくなるからです。

 読み上げソフトを使う方法もあります。読み上げさせた訳文を聞きつつ、
 目で訳文を追ってゆくのです。自分で読むと思い込みで読みちがえたり
 しますが、ソフトウェアは間違ったとおりに読んでくれるのでおかしい
 と気づきやすくなります。

 日英翻訳の場合、スペルチェックを必ずかけます。これも、やらない人
 が意外なほど多いようです。

 ・専門用語は最初から最後まで統一した訳語を使用する

 ちょっと長くなると、統一すべき訳語が前の方と後の方でばらけてしま
 う人がいます。こうなると、読んでいる方は、前に出てきた他の単語と
 同じものを指しているのかいないのか、迷ってしまいます。

「読み手が迷う」というのは、1ヶ所ではたいしたことはなくても、それ
 が重なると、非常に読みにくく、「悪文だ」と思わせる原因になります。
 同じ単語を使うというような機械的にできることは必ず行うようにしま
 しょう。

 無精せずに、前半の訳文を検索し、その単語をコピーして使います。
「単語やフレーズのコピー」で紹介した小技を使うのもいいでしょう。

PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新CM
[12/09 山本ゆうじ]
[12/07 Lisa Hosoi]
[09/29 NONAME]
[09/29 NONAME]
[03/13 エラリー]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) TranRadar(トランレーダー)ブログ All Rights Reserved