忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ■ 仕事としての翻訳                  井口 耕二

 ◇ビジネスの流れ

 ●休みの取り方

 しばらくメールマガジンの執筆をお休みしてしまったからというわけで
 はありませんが……
 今回は「休みの取り方」です。

 翻訳は受注産業なので、基本的に、断った仕事は別の人のところへ行っ
 てしまいます。つまり、休めばそれだけ収入が減ります。また、断ると
 次の打診がなくなるのではないかと心配で、「休みをとることなど考え
 られない」という人もいるようです。

 一方、毎年、2週間、3週間という長期で旅に出てしまう人もいます。
 もちろん、 そういう長期だけが休みではなく、週末や平日など、ふだ
 んのお休みというのも大事です。

 ◎休みをとったら仕事が来なくなるのか

 休みをとっただけで仕事が来なくなるということはありません。1年
 365日、仕事をしているはずがないのは、皆、わかっているわけですか
 ら。

 ただし、休みをとる時の対応が悪くて大きな迷惑をかけてしまうと取引
 先の評価表に×印がつくおそれがあります。要するに、休みの取り方が
 問題ということです。

 ◎休みの形式

 まず、なにをもって「休み」というのでしょうか。「いや、休みは休み
 でしかないでしょう」と思うのは、ちょっと頭が固いと思います。

 1. 仕事はまったくしない
 2. ある程度は仕事もする
 3. 仕事があればあるだけする

「3は休みじゃないだろう」と思う方もおられるかもしれませんね。でも、
 そうとばかりは言えないと思います。自宅よりもずっと環境のいい場所
 に滞在し、仕事があればするしなければそのあたりでゆっくりするとい
 う「休み方」もあるのではないでしょうか。それでもなお、びっちり仕
 事をするのはイヤだと思うなら、あるいはそこまでするのは無理な状態
 なら、仕事量を減らして2にすればいいわけです。

 実例もいろいろとあります。私が知っている範囲でも、夏場に高原や北
 海道に滞在する人、毎年、仕事をしつつハワイに長期滞在する人がいた
 りします。このほか、温泉に滞在しつつ仕事ができたらいいなという話
 も聞いたことがあります。

「せっかくどこかにでかけるのに仕事をするのは……」と思うかもしれ
 ませんが、逆に、断らない方がいい取引先の仕事は少なくともできるか
 ら長期の(半)休みが気軽に取れるという考え方もあるわけです。この
 あたり、自分に合う考え方で休みをとればいいというのも、フリーラン
 スのメリットです。

 もちろん、滞在型ではなく、観光して回るような旅やなにがしかのアク
 ティビティが目的となっている旅など、その間、仕事をしている時間が
 ないケースもあります。とにかく仕事を忘れてリフレッシュしたいとい
 うこともあるでしょう。そういう場合は、1のパターンで休むことにな
 ります。

 平日に1日、休みをとって出かけるなどのケースも、基本的に1になりま
 すね。

 ◎休みをとる前の対応

 長期で休みをとる場合、仕事をしない、あるいは減らす形なら、主な取
 引先には休みの連絡を入れておいたほうがいいでしょう。連絡が取れる
 工夫をしておくにしても、基本的に断るのであれば、連絡の分、無駄な
 手間を取引先にかけさせることになります。

 連絡はメールがいいでしょう。休む期間など、取引先にメモを取らせる
 必要がないですから。文面はもちろん丁寧に。迷惑をかけることへのお
 詫びも書いておきましょう。もちろん、「いつからいつまで休みます」
 と休みの期間も。休みの間に何をしているのかまで書く必要はありませ
 ん。

 仕事量を減らすときには、休みの連絡メールで一部の取引先にのみ「こ
 の間、仕事はできません」と連絡する、あるいは、「~~の仕事はやれ
 ますが、~~の仕事はできません」のようにやれるものとやれないもの
 を連絡するなどが考えられます。

 平日に1日休んででかけるような場合、その間も連絡が取れるのならわ
 ざわざ事前に連絡する必要はないでしょう。けっこうしょっちゅうやり
 とりのある取引先で、ちょうど納品があったりした場合には、ついでに
「今日はこのあと外出となります」のように書いてもいいと思います。

 ◎休み中の対応

 仕事をするにせよ、しないにせよ、できるだけ、連絡は取れるようにし
 ておいたほうがいいでしょう。

 基本的に仕事はしないという場合も、なにがしかの理由でどうしても連
 絡を取りたいと取引先が思うことがあるかもしれません。前につきあい
 のあった取引先から久しぶりに連絡がはいるかもしれません。

 連絡を取れるようにしておくと言っても、特に難しいことはありません。
 メールと電話を携帯電話に転送しておけばいいわけです(最近は、もと
 もと携帯電話が連絡先になっている人も多いと思いますが)。スマート
 フォンなど、一部機種を使えば、メールに添付されたファイルの中身も
 確認することができます。

 仕事をする場合、ノートパソコンとインターネットへのアクセス手段を
 用意しておきます。インターネットへのアクセス手段としては、携帯電
 話経由でインターネットプロバイダーに接続する、モバイルWiFiルータ
 ーを使うという方法があります。

 田舎に出かける場合は、携帯電話のキャリアによってつながりにくいこ
 とがあるので気をつけましょう。田舎に遊びにゆくことが多い人は、人
 口カバー率の高いキャリアを選ぶべきです。

 ◎休み後の対応

 事前に連絡を入れておいた場合、休み終了後にも連絡を入れましょう。
 休みを終えて通常業務に復帰したことのほか、配慮してもらったことへ
 のお礼も書いておきましょう。もちろん、休みの間、ふだんなら自分に
 回る案件がなくて忘れられていた可能性ももちろんあるわけですが、
 その場合でも、「ご配慮、ありがとうござました」と一言、書き添えて
 プラスこそあれ、マイナスはありませんからね。

PR
HOMENext ≫
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新CM
[12/09 山本ゆうじ]
[12/07 Lisa Hosoi]
[09/29 NONAME]
[09/29 NONAME]
[03/13 エラリー]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) TranRadar(トランレーダー)ブログ All Rights Reserved