忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ■ 仕事としての翻訳                  井口 耕二

 ◇仕事の始め方

 ●アプローチの仕方

 ◎履歴書・職務経歴書の書き方

 翻訳会社へアプローチするため、まずは書類を用意します。通常、提出
 するのは以下の2種類です。翻訳のサンプルを添付することもあります。

 ・履歴書
 ・職務経歴書
 ・(翻訳サンプル)

 ○履歴書

 履歴書はフォーマットが市販されています。「履歴書 フォーマット 
 ダウンロード」くらいでインターネット検索をすれば、ファイル形式の
 フォーマットを入手することもできます。

 いずれにせよ、そのようなフォーマットを参考にWordなどで自作するの
 がいいでしょう。最近は履歴書や職務経歴書を郵送ではなく、メール添
 付で送ることが多いため、ファイルにしておかないと困ってしまいます。
 また、一般的なフォーマットでは、翻訳の仕事に必要な項目がない、そ
 ういう欄が小さすぎるなどの問題があったりします。必要なのにない項
 目は追加し、欄が小さいものは大きくするなど調整をしましょう。逆に、
 一般的なフォーマットに必ずある「免許」などは書かなくてもいいケー
 スが多いと思います。

 住所・氏名、連絡先のほか、学歴・職歴も簡単に書いておきます。

 もし、会社員を続けつつ翻訳の仕事をする二足のわらじをめざしている
 のなら、現在、勤めている会社の名前も書いておきます。業務としてど
 こで何をしているかは、自分のウリになる情報だからです。あなたにど
 の案件なら回してよくてどの案件を回したらまずいか、翻訳会社が考え
 るときの重要なポイントにもなります。たとえば、「製薬会社勤務」と
 だけ書いてあったのでは、ある製薬会社から新薬開発関係の文書が出て
 きたとき、あなたに回していいものかどうか翻訳会社で判断がつきませ
 ん。もし、あなたがライバル会社に勤めていたりしたら、守秘義務上、
 翻訳会社に重大な問題が発生します。翻訳会社は二足のわらじに仕事を
 回すことに慣れていますから、翻訳会社に提出する経歴書に勤務先名を
 明記したからといって、そこから二足がばれる心配はありません。

「免許・資格」は、自動車免許など一般的なものしかなければ項目自体
 をなくしてしまいましょう。無線技術者の免許、ファイナンシャルプラ
 ンナーの資格など、ある分野に詳しいことの証明になるものがあれば自
 己アピールとして書いておきます。

「趣味・特技」というのも一般的な履歴書によくある項目です。特にな
 ければこれも項目ごと削除しましょう。逆に、趣味として普通の人より
 よく知っている分野があれば書いておきましょう。料理、ワイン、釣り、
 鉄道、アニメ、ゲーム……翻訳の専門と関係ないことでいいのです。い
 つもと傾向が大きく違う案件が飛び込んできたとき、翻訳会社では、趣
 味欄に関係のありそうなことが書いてある履歴書がないか、必死に探し
 たりするのです。私の経験でも、昔、「井口さん、たしか昔、フィギュ
 アスケートの選手をされてたんですよね?」とフィギュアスケート関係
 の案件が回ってきたことがあります(履歴書に書いてはいなかったけれ
 ど、コーディネーターさんがたまたま知っていた)。

 一般的な履歴書にはないけど翻訳者の履歴書には不可欠なのが「翻訳対
 象の言語」です。英語から日本語、日本語から英語など、方向も含めて
 明記します。

 経験年数も必要です。「会社の業務としてXX年、専業翻訳者としてY
 Y年」などと書いておきます。

「得意分野」あるいは「専門分野」も不可欠な項目です。これは前にも
 書いたように、あくまで翻訳者として「得意」あるいは「専門」である
 分野です。これから仕事を始める場合には、「翻訳者として仕事をして
 ゆこう」と思っている分野を書いておきます。

 作業環境も必ず書きましょう。仕事分野によっては不可欠なTradosなど
 の翻訳支援ソフトを持っている場合は、必ず書いておきます。MS Office
 も、Wordだけなのか、Excel、PowerPointまで持っているのか、明記し
 ておきましょう。

 通信環境も忘れずに。なお、メールアドレスは必ず有料のプロバイダか
 ら割りあてられるものを取得しておきます。間違っても、いわゆるフリ
 ーメールアドレスを書かないこと。まじめに仕事をしたいと考えれば当
 然の行動だと思います。これを当然だと思わない人は仕事社会の常識を
 どこかで勉強して出直すべきでしょう。

 自己アピールも書いておきましょう。内容は、他人と違う自分の特色で、
 翻訳会社にとってメリットがあること。この基準から外れる内容なら書
 かないほうがマシです。意欲を示したいと「徹夜してでもがんばります」
 などと書かないこと。「徹夜なんてしたら品質は落ちる。徹夜せずにき
 ちんと仕事を仕上げるスケジューリングもできないのか」とあきれられ
 たりします(私ならそう思います)。「丁寧な仕事を心がけています」
「納期は必ず守ります」など、プロなら当然のことだけ書くのもやめま
 しょう。アピールするポイントは特にありませんと言うようなものです
 し、下手すれば、「そのくらいプロなら当たり前だということさえ分か
 っていないのか」と思われるかもしれません。

PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新CM
[12/09 山本ゆうじ]
[12/07 Lisa Hosoi]
[09/29 NONAME]
[09/29 NONAME]
[03/13 エラリー]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) TranRadar(トランレーダー)ブログ All Rights Reserved