忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ■ 仕事としての翻訳                  井口 耕二

◆仕事の始め方

●登録

トライアルに合格すると「登録」です。登録翻訳者のデータベースにあ
なたのことを書いたページが追加されるわけです。コーディネーターさ
んが仕事を振る相手をさがしてパラパラめくっているとき、あなたのこ
とが目に留まれば、晴れて仕事の打診がくる、となります。

登録手続きは翻訳会社によって異なります。

一番多いパターンは、送られてきた登録用紙に必要事項を記入して返送
するというものでしょう。改めて書類を提出することのない翻訳会社も
あります。面接します、という翻訳会社もあります。私は、面接なしの
ところでも、「登録手続きを兼ねて訪問します」と訪ねていきます。ホ
ンネは、敵情視察を兼ねて、です。

面接では、登録用紙に記載する内容を話し合いで決めていきます。特に、
分野とレートは、お互いに話をしながら書き込んでおいた方がなにかと
いいはずです。そのときの応対から、その翻訳会社が強いのはどの分野
であるのか、ある程度はわかるからです。逆に翻訳会社は、面接中、翻
訳者の性格や人間性などを知ろうとすることでしょう。

登録用紙の内容は、名前や住所など、「履歴書に書いてあるからわかっ
てるだろうがぁ」と思ってしまう内容も多いのですが、これはまあしか
たがないでしょう。履歴書から登録用紙への転記もたくさんになると大
変ですからね。

◎得意分野や専門分野

得意分野や専門分野は必ず聞かれます。前にも書きましたが、あらかじ
め考えて決めておきましょう。

ポイントは、「今後、得意分野や専門分野としてやっていこうと心に決
めている分野は何ですか?」と聞かれたと思って明確に答えること。
「いや~、わたし、これから仕事を始めるわけでぇ……まだ、実際の仕
事としてやったこと、ありませんしぃ……一応、○○をやりたいとは思
ってるんですがぁ……でもぉ……」みたいなことは間違ってもやらない
ように。面接している方は、「アンタにどういう分野の仕事を振ったら
いいのかわかんないだろうがぁ。もう知らん!」と思ってしまいます。

得意分野や専門分野以外でも、これからのことを聞かれたときには、み
んな、「どうしたいと思っているのか」を聞かれたと思ってはっきり答
えるべきです。

記入して送り返す場合も、空欄にしないで必ず記入しましょう。

◎レート設定

レートの設定は、いろいろと微妙で難しい問題です。

まず、一般的なレートをムック本などで調べておきましょう。記事によ
っていろいろな値が出ています。業界として決まった値があるわけでは
なく、分野によって、実力によって、そして翻訳会社の台所具合によっ
て、それなりの幅で違いがあるからです。あくまで「目安」であること
に注意しつつ、だいたいの値を頭に入れておきましょう。

翻訳会社の台所具合というのは、安く売っているところだと翻訳者への
支払いレートも安くなるなどの話です。このような翻訳会社の場合、
レートを高めに設定すると仕事があまりきません。もちろん台所具合が
どうであれ、料金は安めの方が仕事はもらいやすくなります。しかし、
レートを途中から値上げするのはいろいろと難しく、最初に安すぎる設
定にすると収入が増えません。最終的には自分の収入を増やしたいわけ
ですから、レートをあまり安く設定してしまうと、自分のクビを絞める
ことになります。

初めてトライアルに合格したような場合には、先方の言い値でもしかた
がありません。ただ、調べておいた相場と比較してあまりに安い場合は、
その理由などを聞いてみることをお勧めします。「いや~、これが相場
ですよ」と言われるようなら、なるべく早く他の受注先に乗りかえる努
力をすべきでしょう。相場を知らずにビジネスをしている翻訳会社なん
て危なっかしくてしかたありませんし、相場を知った上で相場よりも安
いレートを相場だと言ってくるようなところでは翻訳者を大事にしてく
れるはずがありませんから。

経験者の場合、既存の取引条件と比較してどうかということも気になる
でしょう。今までの取引価格よりも安いレートを提示されたら、「他社
からはXX円をいただいているのですが……」と言ってみる手がありま
す。あっさり「じゃあ、同じレートで行きましょう」となる場合もあり
ますし、「当社ではこれがいっぱいです」と断られることもあるでしょ
う。

この交渉でベースとなるのがトライアルです。「あのトライアルであれ
だけの訳文を出せる翻訳者は少ないでしょ?」「あのトライアルであの
訳文じゃ、○○円以上では買えません」とやりあって落としどころを探
すわけです。もちろん、翻訳者も翻訳会社もはっきりそう口にするわけ
ではありませんが、要はそういうことなのです。経験者だからトライア
ルなしでとなれば、翻訳会社としては安めのレートに抑えておかないと
怖いことになります。安いレートならまだしも、高いレートで仕事をだ
してボロボロの訳文が返ってきたりしたら悲惨ですからね。

翻訳者としては自分の実力にみあう範囲でギリギリ高いレートを翻訳会
社から引き出したいわけですが、そのとき一番の交渉材料となるのがト
ライアルです。だから私は、トライアルをしてくれと頼むことにしてい
るわけです。

トライアルを出したら、「この程度ではこれが限界」と安いレートしか
提示されなかったら……その翻訳会社にとって自分の価値はそれだけだ
ということです。翻訳会社によって強い分野は異なりますし、今、どう
いう翻訳者が欲しいのかも異なります。評価基準だってまちまちです。
同じ翻訳に対し、A社、B社、C社がまったく違う値段をつける。そん
なものです。安いレートしか出てこない場合、それでもいいから登録す
るか、XXでなければやらないと突っぱねる(そして次をあたる)かは
あなたの選択になります。取引条件の交渉なのですから、ビジネスライ
クに行きましょう。なお、言葉遣いはあくまで丁寧に。

PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新CM
[12/09 山本ゆうじ]
[12/07 Lisa Hosoi]
[09/29 NONAME]
[09/29 NONAME]
[03/13 エラリー]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) TranRadar(トランレーダー)ブログ All Rights Reserved