忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ■ 仕事としての翻訳                  井口 耕二

◇ 仕事の始め方

●トライアル

履歴書、職務経歴書などを提出し、書類審査に通ればトライアルとなり
ます。

短い文章が送られてくるのでそれを訳して提出し、実力を確認してもら
うわけです。試験のようなものだと考えればいいでしょう。

自分の実力を正確に測ってもらうため、また、アピールしてのちのちの
仕事につなげていくために注意すべき点がいくつかあります。
 ・指示に従う
 ・トライアル分野に注意する
 ・仕事をイメージした納品方法とする
 ・できる限りの努力をする
 ・仕事ベースになっても同レベルの仕上げをする

◎指示に従う

「XXについてはYYとしてください」など指示がある場合はそれに従
いましょう。

仕事でもいろいろな指示を受けることがあります。そのような指示にき
ちんと従って作業をしてくれる人かどうか、そういう能力の有無もチェ
ックポイントなのです。注意しましょう。

◎名前を記入する

トライアル訳文の最初に名前をかならず記入しましょう。

募集があった場合のトライアルはもちろん、それ以外でも、採用担当者
はたくさんの訳文を見ることになります。そのとき、履歴書などをはず
し、訳文だけをまとめて見ることもあります。「訳文はとってもいいん
だけど、これ、誰なんだろう」ということにならないように、名前を必
ず記入しておきましょう。

もちろん、別の形式が指示されていれば指示が優先です。

◎トライアル分野に注意する

多くの翻訳会社が複数分野のトライアルを用意しています。
分野は、アプローチした翻訳者が選ぶ場合と翻訳会社が選ん
で送ってくる場合があります。

後者の場合、自分の不得意分野が来てしまうことがあります。
履歴書に得意分野とやりたいない分野を明記していても全然
違う分野が送られてきたりするのです。

不得意な分野が送られてきてしまったら、変更をお願いして
みましょう。応じてくれることが多いはずです。「その分野
の翻訳者が欲しいので、ともかく、送ったトライアルはやっ
て欲しい」などと言われることもあります。そのような場合、
まずは訳してみるのでしょう。あまりにできが悪かったら訳
文の返送をやめればいいわけですから。

◎仕事をイメージした納品方法とする

トライアルと仕事は基本的に同じです。特に指定がなければ、送られて
きたファイルに上書きして送りかえしましょう。PDFなど上書きができ
ないフォーマットのときは、Wordやテキストファイルにすればいいでし
ょう。

◎できる限りの努力をする

当然ですね。トライアルのできが悪ければ先はありません。できる限り
よい状態に仕上げてください。

原文の内容を理解する、専門用語を調べて確認する、自然な訳文に仕上
げる……このあたりが一通りできていればトライアルに落ちることはあ
りません。内容の理解と自然な訳文は翻訳の実力そのものですからトラ
イアルになってあわててもどうしようもありません。ふだんの勉強が物
を言う世界です。これに対して専門用語の調査・確認は、やるかやらな
いか、の世界です。

自動車関係の英日トライアルで自動車関係の本やパンフレットによく出
てくるある単語(自動車ユーザー向けに一般に使われる用語)がでてき
たことがあります。この程度の単語がだめなら文句なしに落とすのだが、
これに引っかかる人がとても多いのだそうです。

◎仕事ベースになっても同レベルの仕上げをする

翻訳会社の採用担当者から「トライアルのできはいいのに実際の仕事で
ボロボロになる人がときどきいる」という嘆きを聞くことがあります。

実際の仕事のできが悪ければ、すぐに仕事はこなくなります。「トライ
アルは念入りに、ホンチャンの仕事はそれなりに」では継続受注など望
めません。仕事になったら毎回がトライアルです。

そうは言っても、仕事になると納期も厳しく、トライアルほど念入りに
作業をすることは困難になります。その点は翻訳会社側でもわかってお
り、若干の質の低下は織りこんでトライアルの合否や仕事の発注を決め
ているのですが、その予想を大きく超えて質が低下する人がときどきい
るわけです。

トライアルの訳文を作るとき、「これと同等の訳文を自分は仕事で出し
続けられるのか」と自問自答してみるといいでしょう。言い換えると、
仕事になったときできないことはトライアルでもしないのが基本となり
ます。「できる限りの努力をする」と矛盾するように感じるかもしれま
せんが、そうでもありません。毎回の仕事で「できる限りの努力をする」
のが翻訳という仕事ですからね。

なお、ごくまれにですが、(↓)のようなことをする人がいると聞いて
います。
 ・できる人に聞きまくる
 ・上手な人に訳してもらう
 ・数人で相談しながら訳す

トライアルに落ちつづけるとこのような誘惑にかられるのかなと思いま
すが、百害あって一利なしなのでやめておきましょう。我々の目的は、
トライアルに合格することできなく、継続受注すること。そう考えれば
このようなことに意味はないとわかるはずです。
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新CM
[12/09 山本ゆうじ]
[12/07 Lisa Hosoi]
[09/29 NONAME]
[09/29 NONAME]
[03/13 エラリー]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) TranRadar(トランレーダー)ブログ All Rights Reserved