忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■ トランネット便り ~ Invasion or the bomb

ご承知のように、第2次大戦中、1945年7月から8月にかけ、日本政府は
連合国側との和平交渉仲介を(当時は名目上、日本とは交戦状態になか
った)ソビエト政府に依頼する。ソ連は、交渉要請に当った駐露大使佐
藤尚武に交渉開始の前提条件として無条件降伏を要求。佐藤の知らせを
受けた外相東郷茂徳は次のような趣旨の返電を打った(以下Paul D.
Walker, “Truman’s Dilemma: Invasion or The Bomb,” Pelican
Publishing Company 2003からの引用)。

In response, Togo explained that unconditional surrender and
the humiliation it would bring with the surrender of a powerful
force of over two millions of her soldiers, still heavily armed
and scattered over a vast empire, along with the expected
foreign occupation of her home islands, was more than the
ruling government could accept.

[以下に試訳を添える]
これに答えて東郷はこう述べた。無条件降伏とその屈辱は、今なお重装
備のまま広大な帝国領に散開する200万余の兵を擁する強力な軍の降伏
を伴うばかりか、ひいては外国による本土占領を必至とするものであり、
到底、現政府の容認しうるところではない。

原文はかなりごたごたしてあまり良い文章ではないと思うが、それより
何より、重要な文法的誤りを含んでいる。おそらくは上述したように錯
雑した文脈に惑わされて心理的な錯覚を起こしたのだろう。
どうか誤りを見つけてみてください。


《JAPANESE WRITERS' HOUSE》
>>海外出版を実現するための著作権プロモーション<<
【英 語 版】http://www.trannet-japan.com/ep/tjc_top.asp
【日本語版】https://www2.trannet.co.jp/jwh/jp/jtjc_top.asp

《Publishing House Japan》
>>作家が出版で世界戦略を立てる、新たな時代の幕開け<<
  http://www.trannet.co.jp/pre_up/web_phj/phj_news.html
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新CM
[12/09 山本ゆうじ]
[12/07 Lisa Hosoi]
[09/29 NONAME]
[09/29 NONAME]
[03/13 エラリー]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) TranRadar(トランレーダー)ブログ All Rights Reserved